top of page
  • hccnichigo

2023年3月24日 ディボーション

ピリピ書1章


 ピリピ人への手紙は、パウロがローマの獄中から書き送った手紙なので「獄中書簡」と呼ばれる手紙の一つです。またその内容の特徴は、「喜びの手紙」と呼ばれるくらいに喜びが溢れている手紙です。

 獄中にあっても、彼の心は喜びに満ち溢れています。その喜びの秘訣は、一番大切にしている事が出来ているからです。

 野球が大好きな人は、野球をしていれば喜びです。バスケが出来なくても、数学が出来なくても、野球ができるなら幸せです。

 パウロにとって一番大切なことは、キリストの福音が宣べ伝えられることです。パウロは、自分が捕らわれたことがかえって福音の前進に役に立っていることを知りました。また間違った動機で福音を宣べ伝えている人がいることを聞きましたが、結果として福音が拡がっているのだから、彼の心は喜びに満ち溢れたのです。

 彼にとって大切なのは、自分のプライドや、やり方、評価などではありません。福音が宣べ伝えられていくことなのです。

「しかし、それが何だというのでしょうか。」(18) この一言に彼の気概が感じられます。誰が福音を伝えているのか、どのような動機で伝えているのか、そんなことは大したことではないのです。大切なのは、福音が拡がっていくことなのです。そして事実、福音が拡がっているのですから、彼は喜んだのです。 

 私たちは、何を大切にしているのでしょうか。何にこだわっているのでしょうか。本当に大切なことは何なのでしょうか。

 神の御心を行うことこそ大切なことはありません。「それが何だというのでしょうか。」この一言で、物事をふるいにかけていきたいと思います。神の御心を行われているのなら、それでいいでのです。

天の父なる神さま

 私たちにとって何が一番大切なことなのか。そのことに想いを向けさせていただき感謝します。

 私たちが、些末なことに捕らわれて本当に大切なことを見失うことがないようにしてください。

 あなたの御心が成されることが私たちにとっての喜びです。

 主よ、感謝します。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page