Tropical Leaves

HCCディボーションブログ

【お知らせとお願い】
​ メールアドレスを登録して頂ければ、
 新規ブログ更新毎にお知らせメールが届きます。​
 この機会に、是非、ご登録をお願い致します。​
 *登録の手順) アドレス入力 → 「>」を押下

1歴代誌13章


 この章には、衝撃的な事件が記されている。

 ダビデが、その王位を確立した時に、真っ先にしたことが神の契約の箱を運び上ることだった。ここにダビデの信仰者としての姿勢が現れている。彼にとって大切なことは、何よりも神の臨在なのだ。

 契約の箱は、神の臨在の象徴であり、その箱の存在を通して、神が私たちの神であり、私たちは神の民であることを確認するのである。そう考えると、この契約の箱がなおざりにされたままでいいわけがない。

 ダビデは、契約の箱を安置するために幕屋を建て、賛美の歌い手を任命し、準備万端にして契約の箱を運び上ることにした。

 しかし、である。契約の箱を運び上る途中で、傾いた箱を手で押さえたウザが神に打たれて死んでしまったのだ。それを見たダビデは恐れてしまい、契約の箱を運ぶのを止めてしまう。

 その後、ダビデは、契約の箱の扱い方に間違いがあったことが分かり、律法に記されている方法で箱を運び直すことをしたのだ。(15:2)

 ウザが可哀そうだ、善意から箱が落ちないように守ろうとしたのに主に打たれてしまうなんて。しかしこれは、そのようなレベルの話ではない。神の臨在に触れるというのは、そのような事なのだ。

 私たちは今、礼拝の中で、様々な場面で神の臨在に触れている。しかし本来、それは畏れるべきことなのだ。しかも、イエスは、ご自身の方から手を伸ばして人々に触れてくださった。それは考えられないことなのだ。

 本来、聖なる神の臨在の御前では、間違いがあったら死に値するのだ。しかし、事実、間違いだらけの私たちは、生きている。それは、ただただイエスの十字架の贖いがあるからだ。もし十字架がなければ、私たちは、神の臨在を楽しむことが出来るだろうか。

 神の臨在に対する畏れ(恐れではない)を持ちつつ、その臨在を楽しむものでありたい。

語られたこと:


 私たちにとって、神の臨在は喜び、楽しみ、平安そのものである。イエスの十字架の贖いのゆえに、私たちは神の御前で、神と共に生きることが出来るようになった。これほどの恵みがあるだろうか。ただただ感謝しかない。 

祈り:


 天の父なる神さま。私たちに恵みとして与えられた神の臨在を、喜び、楽しみ、その中に生き続けることが出来ますように。今日も、主の恵みに感謝を捧げます。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

歴代誌一 12章



『一心不乱の信仰』



●学んだこと:



 12章には、ダビデを王とするために決起した人々のリストが挙げられている。時系列で。サウル王に迫害を受けて逃亡していた頃、ペリシテに隠れていた頃、ヘブロンを統治していた頃・・・サムエル記や列王記の記憶がぽつりぽつりと蘇る。

 国をあげてダビデ討伐の命令が出されていた最中でさえ、ダビデに味方した民は少なくなかった。国王を裏切るのだから、死刑覚悟、命がけの反逆だ。妻や子に引き留められたかもしれない。

 ダビデの神さまにへの献身も一途だが、ダビデに加勢したイスラエルの民の、主に従う姿も一心不乱だ。

 この一心不乱ができないのだ。



 前に黙示録を読んだ時、黙3:16のみことばにキュンキュンした。

「そのように、あなたは生ぬるく、熱くも冷たくもないので、わたしは口からあなたを吐き出す。」

 なんとイマドキなイエスさま! なんとイラッチなイエスさま!

 現代人をなんとも見事に喝破している。そして父なる神さま、十字架のイエスさまを信じてはいるけれど、肉の自分もよしとした、生ぬるいクリスチャンの私に対する嘆きだなと、あまりの図星っぷりに、好きなみことばランキング1位に輝いていた。最近は自虐系はあえてランキンさせないようにしているけれど。

 つまりダビデやイスラエルの民のように、一心不乱に熱く完全燃焼させるほどの「全き心」(歴一12;38)を持つことが難しいのだ。



 ダビデのもとに集まった勇士は何人だったのか、12章で記者は数字も克明に記録している。30万人以上? 情報伝達ツールが何もない時代に、よくぞこれだけ集まったものである。どう考えても人の力ではなく、聖霊さまの働きなくしてはありえない。

 だから全き心で主に従えば、神さまはGPS以上になんでもおできになる。私たちの主はなんでもしてくださるという真理が、心の中にじーんと沁みわたる。主は良いお方。

●祈り:

主よ あなたの道を私に教えてください。

私はあなたの真理のうちに歩みます。

私の心を一つにしてください。

御名を恐れるように。

憐み深い神さま、詩編86;11 ダビデの祈りと心一つにして祈ります。

イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

歴代誌 第一 11章

「万軍の主はわれらとともにおられる」


 歴代誌はここで、全イスラエルの王ダビデが登場する。サウルに続く王様として、その繁栄と勢いには目を見張る。ダビデの町までできた。(この町は、イスラエルはエルサレムの旧市街に遺跡が発掘されて、今や多くの人々が訪れる場所になっている)


 そのようなダビデ王について記されている11章で、この度、私の心にとても響いたのは9節のみことばだ。

「ダビデはますます大いなる者となり、万軍の主が彼とともにおられた。」

 そして三勇士をはじめ、ダビデに従く勇士たちが現れ、王権はますます強固になっていく。


 そのようなダビデ王率いる王国を、「主は大勝利をもって救われた。」(14節)

 大勝利とは、英語では、Great Victoryだ。すごいなぁ…と思いつつ、改めて語られた。


 それは「主がともにおられる」という約束の凄みである。なぜなら、このお方は「万軍の主(God of the Angel Armies)」だから。


 すぐに詩篇46篇7節、11節のみことばを思い出した。

「万軍の主はわれらとともにおられる。ヤコブの神はわれらの砦である。」


 何と心強いみことばだろうか!万軍の主(God of the Angel Armies)が、私とともにおられるとは!それゆえに、主にあって約束されている大勝利(Great Victory)を胸に、心から神様に感謝をささげたい。ハレルヤ!

大いなる万軍の主よ、

今日もあなたが、私の力となってともに歩んでくださる計り知れない恵みを心から感謝し、聖名を崇めます。

ともにおられる偉大なあなたを、私がもっと感じることができますように…。アーメン!

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com