Tropical Leaves

HCCディボーションブログ

【お知らせとお願い】
​ メールアドレスを登録して頂ければ、
 新規ブログ更新毎にお知らせメールが届きます。​
 この機会に、是非、ご登録をお願い致します。​
 *登録の手順) アドレス入力 → 「>」を押下

歴代誌 第二 29章

『今、私の願いは、イスラエルの神、主と契約を結ぶことです。』-10節-

語られたこと:

 歴史は繰り返されるといわれるように、ここでは、父アハズヤに代わってすばらしいまれにみる息子のヒゼキヤが父に代わって成し遂げたことが記されている。

 ヒゼキヤは、『イスラエルの神、主と契約を結ぶこと。』と大胆に宣言している。これは、

主に立ち返って、主とともに生きる決断である。ここは、やはり、ヒゼキヤは、父がやってきた諸々の罪の贖いを一生懸命に主に悔い改めをすることであったと思う。

 まず、はじめに、父アハズヤによって閉ざされていた主の宮の戸を開いて修理をする。そして、イスラエルの神に香を焚き、全焼のささげ物を捧げる。レビ人はダビデの楽器を手にし、祭司はラッパを手にして立った。賛美の中に主を呼び求めるすべての民の姿がそこにあった。ヒゼキヤは民と心を一つにして主を賛美して、主を喜びとした。そこには、心から主を待ち望む一人一人の思いがあったことを見させられた。

 ヒゼキヤの神を礼拝する強い姿勢に心動かされた。礼拝とは、ささげることである。砕かれた、悔いた、真の心をもって礼拝をささげることがここで強く示された。礼拝、賛美、ささげること。ある牧師が、教会の中で賛美のなかに神の栄光が満ち溢れているのを感じた時にメッセージを語るのをやめて、このままずっと賛美の中に浸っていたい気持ちにさせられたと言われていたのを思い出した。

 旧約聖書をデイボーションしていて、各章にでてくる王達の生きざまを通して、神様は私達に常に何かを語っておられることが示される思いである。ある時は、他人をみてわが身を振り返るという格言があるように、歴代誌に登場してくるいろんな人々の生きざまはまるで自分自身に匹敵するところが多々にある。神様は、私達にその人々の生き方をとおして、良いところ、悪い所をみて神に近づけるように、いや、神を知ることができるように私達を訓練しておられることをしめされた。神は、私達にこの旧約時代の人々の生き方を通されて、何が義にかなった生き方なのか、神は私達を義にかなう生き方に導こうとされていることを思わされた。

祈り:

愛する天の父なる神様、あなたの御名をこころから賛美します。

主に正しく仕えていくことができるように、主を心から礼拝して、主を待ち望むことができるように導いて下さい。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン。

2歴代誌28章


『神に敵対したアハズ王』


●前の章ではアハズの父ヨタム王は主の目にかなう事をした。それをアハズは身をもって体験している筈です。しかしこの章ではいきなり、ダビデ王との比較が載っている。ダビデ王と比較されては溜まったものではない。全ての王が失格になるのではないかと思ってしまいました。

彼はイスラエルの王たちと同じように生きた。その結果、アラムにも敗れ、イスラエルとの戦いにも敗れた。ユダの敵、エフライム族にも主は現れて、ユダの国を助けるようにお願いしました。けれどもアハズ王はアッスリヤに助けを求めたというのです。しかしそれは何の役にも立たなかったのです。

この章を見ると本当に人間の罪が見られるのです。天の神さまはアハズ王に自分のところに助けを求めるように災いがもたらされたというのです。そこでアハズ王は神さまに自分と神さまとの関係を伝えればよかったのですが、彼は神さまに助けを求めないで、違うものに助けを求めたのです。

私たちは決して、ダビデやイエスさまのようではありません。しかし、神の目にかなった王や人々は神に敵対することは決してしませんでした。ここでは神の選びよりも、もっと大切な事、人として天の神さまとどのように生きるのかと問われているように私は思うのです。どうかイエス様と生涯お付き合いをして欲しいと願うのです。

●お祈り

天のお父様、ユダ王アハズは神様がいることを知っているのに自分の力により頼んだのは悲しいことです。悲しい人生です。

私も一時的に苦しい時、負けているような人生、辛い中でも大胆にあなたに心を向けさせてください。もしアハズ王のような心の中に固いものが出来たとしても、私の中に住んでいてくださる聖霊様がそれを気付かせてください。

ぜひお願いします。あなたが私のような罪深いものに聖霊をくださって感謝します。あなたの思いが私の心の中に充満させて下さい。お願いします。

 イエス・キリストの御名によってお祈りします。 アーメン

歴代誌 第二 27章

『どんな道を歩むのか?』

 人生50年も生きていると様々の事に遭遇する。しかし、そんな私でもまだ体験したことが無い事に遭遇した。銃の乱射事件の犯人が立て篭もった場所の近所に住んでいたために帰宅出来なくなった。被害者が出ないように、周辺地域は侵入禁止になってしまった。友人を送って帰宅した夜の8:30の出来事。ありがたいことに、この事件を教えてくれた姉妹が泊めてくれたので早朝の事件解決まで車中泊する事なく日曜日の礼拝にもなんとか参加出来た。どんな選択、(道)を歩むかでその先は大きく変わる。警察の言うことを聞かず、徒歩で友人を送っていて銃撃戦に巻き込まれたいたら・・・と考えると、人生のどんな道を歩くかはとても大きな事だと痛感させられた。

 ユダ王国のヨタム。25歳と言う若さで王となったが彼は主の目にかなう事を行い(2章)勢力を増し加えた。それは彼が自分の神、主の前に、自分の道を確かなものとしたからである(6章)と記されている。自分の道とは何か。それは主に祈り、聴き従い、常に神に求める道ではないだろうか。

 モーセが民にこう語っている。「聞け、イスラエルよ。主は私たちの神。主は唯一である。あなたは心をつくし、命を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。私が今日あなたに命じるこれらのことばを心にとどめなさい。」(申命記 6章4-6)これが主の目にかなうことであり、主が私たちに求める道の姿だと語られた。

 パウロはさらにこう語る。「あなたは信仰によって立っています。思い上がる事なく、むしろ恐れなさい」(ローマ人への手紙 11章20節)神の恵みによって順風満帆な時、私の目は曇りやすい。霧のかかった道のようになり、どこを進めば良いかわからない時がある。つい肉の思いで自力で進んでしまいそうになる。まさに今私が置かれている環境がそうだったのだと気付かされた。ヨタムのように勢力をまし加えた時ほど、神様に従順でかつ柔軟に聞き従うものでありたいと思った。

●祈り 

 天の父なる神様。あなたは多くの出来事を通して私に毎日気づきを与えてくださいます。ありがとうございます。どんな時でもあなたは私に信仰によって繋がる兄弟姉妹を与えてくださいます。心から感謝いたします。私の道があなたにつながる道からそれる事がないように、いつも導いてください。

 主、イエスキリストの御名前を通して、御前にお捧げいたします。アーメン。

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

​【リンク情報】
  • Facebook
  • YouTube

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com