top of page
  • hccnichigo

2023年6月20日 創世記 34章

『娘ディナ事件』

 

 このヤコブの娘ディナが汚されたのは、カナンの地にあるシュケムの町であった。その土地の族長ヒビ人ハモルの子、町の名前と同じだが、シュケムが、ちょうど町を訪ねてきていたディナを捕らえて、辱めた。 この町シュケムは新約聖書ではスカルという町であると言われている。ヨハネの福音書4章5節「それでイエスは、ヤコブがその子ヨセフに与えた地所に近い、スカルというサマリヤの町に来られた。」 サマリヤの女とヤコブの井戸で出会った場所がこのシュケムの町。でもここで起こった悲惨な出来事が、なぜか突然、どのような理由かよく判らないまま記されている。理解に苦しむ章である。


 ヤコブは、神と、また人と戦って、勝ったからイスラエルという名を与えられ、長子の権利で長年、心を悩ましていた兄のエサウとの仲直りを終えてホッとしている矢先に、ディナの兄たち、シメオンとレビが剣で、シュケムの町の全ての男たちを報復で殺し、家畜を奪い、その人たちの全財産を略奪する事件となってしまう。


 それぞれの立場で考えてみた、妹を捕らえられ犯された事に対する怒り、復讐を当然とする兄たちの気持ちも判る、反対に、ヒビ人シュケムが娘ディナに心を奪われ妻としようとした、当時の事を思うとあり得る話で 12節「どんなに高い花嫁料や贈り物であっても、私にお求めください。おっしゃるとおりに差し上げます。ですから、どうか、あの人を妻に下さい。」と話す態度に、相手がイスラエル部族では無かったら、娘ディナの気持ち次第で、丸く納めようとなったかもしれない。でもそうなるとイスラエル部族は、雑婚が始まり、異教の神が混入する可能性は高かった。


 ヤコブの家長として、父親として、リーダーとしての資質が欠けていた事も分かる。殺戮を犯したシメオンとレビに、あなたがたは私に困ったことをして、この地の住民 カナン人とペリジ人に憎まれるようにしてしまった。というお父さんに対して、二人の息子は反発して31節「彼らは言った。「私たちの妹が遊女のように扱われてもよいのですか。」」ここに、父親の威厳は全く読み取れない。


 しかしながらヤコブは神に選ばれた者、やがて彼は自分の死の床で息子達を呼び寄せて、彼らにこれから起こる事を告げるのです(49章になって)シメオンとレビに対して、彼らの剣は暴虐の武器、怒りに任せて人を殺した。私はヤコブの中で彼らを引き裂き、イスラエルの中に散らそうと預言されその通り、レビ族は土地を持たずに散らされ、シメオン族は、南部のネゲブの荒野地区を与えられるが固定された場所ではなく、ユダ族に吸収されるような運命をたどっていく。


 ヘブル人への手紙10章30節「私たちは、「復讐はわたしのもの、わたしが報復する。」また、「主は御民をさばかれる」と言われる方を知っています。」 

 この34章を読み、この一節を思い起こしながら、まだ釈然としない、納得できない気持ちですが、いずれ、もっとはっきりと主のみこころが解るようになると信じてデボーションを終えました。


祈り

 まだまだ、主のみこころが読み取れない自分がおりますが、少しづつでもみこころに近づき、理解できますように、私どもを導き続けて下さる事に感謝致します。 アーメン

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page