top of page
  • HCCnichigo

2022年9月25日 ディボーション

使徒の働き 4章


「あなたのみことばを大胆に語らせてください。」29節 一部抜粋

「また、御手を伸ばし、あなたの聖なるしもべイエスの名によって、癒しとしるしと不思議を行わせてください。」30節

「彼らが祈り終えると、集まっていた場所が揺れ動き、一同は聖霊に満たされ、神のことばを大胆に語り出した。」31節


 聖霊に満たされたペテロとヨハネは、大胆に主イエスの証し人に変えられていった。ある解説者は、これは初代教会にとっても、最古参のペテロとヨハネにとっても、初めての経験であったと語っている。

「彼らはペテロとヨハネの大胆さを見、また二人が無学な普通の人であるのを知って驚いた。また、二人がイエスとともにいたのだということも分かってきた。」13節


 学問のない、ただの田舎者が民の指導者たち、長老たち、律法学者たち、祭司たちの前で何の恐れもなく大胆に証し人になれたのは、決して彼ら自身の力ででたことではない。イエスが彼らと共にいたからであり、聖霊によってイエスが力を与えてくださり、大胆にみことばを語るようにしてくださり、それが神の前に正しいことであると確信があったからである。イエスとともにいるならば、聖霊によってイエスが力を与えてくださり、大胆にみことばをかたることができるようにしてくださるということである。

 あのペテロが、かってはイエスさまとの関係を二度も否定したペテロが、主に大胆に祈り、癒された男はイエスの御名によってであり、イエスは神であり救い主であると断言するまでになったのだ。ペテロは見事に神に立ち返ったのである。ペテロは、聖霊に満たされた素晴らしい経験をさせて頂いたのである。私も牧師のメッセージを聞いていて聖霊を経験させてもらえる時が多々にある。語られているメッセージが聖霊にすっぽりと包みこまれて、それは、まるで魂が揺さぶられるようで思わず涙することがある。感謝なことである。

「この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人間に与えられていないからです。」12節


 この御言葉と33節の、主イエスの復活を大きな力をもって証しすることは、ペテロとヨハネのように私達クリスチャンにも与えらている永遠の課題ではないだろうか。


祈り

 神さま、あなたの愛、あなたの救いを多くの人に述べ伝えることができますように用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page