2022年8月26日 ディボーション

エレミヤ書31章        

 

 31章は、ユダの民に対する救いと回復の預言が記されている。その内容に、ただ感動し、感謝し、賛美が湧き上がる。

 これまでの厳しい裁きの預言があればこそ、その裁きの向こうにある救いと回復に込められた、神の熱情の愛がひときわ輝きを放つ。

「主は、遠くから私に現れた。『永遠の愛をもって、わたしはあなたを愛した。それゆえ、わたしはあなたに真実の愛を尽くし続けた。』」(3)

 神の愛は、永遠に変わらない。それは、この時だけに言えるのではなく、神に背き、神に裁かれているという中にあっても、そうなのだ。神の愛が途切れることは一瞬たりともない。

 神の御業は、その一点だけで判断すると分からないことが多い。しかし永遠という視点で見ると、点と点がつながって神の御心の全体像が見えて来る。神の愛が、永遠に変わらないことが見えて来る。歴史を考えることは、まさに神の永遠の愛を確認する作業でもある。

 

 「あなたの将来には望みがある。」(17)この一言を、全世界に向かって叫びたい。このことばは、国が滅び、廃墟となり、敵の国に捕囚となって引かれて行き、望みが絶たれた民に対しての言葉だ。

 たとえ私たちが絶望、失望したとしても、神の希望はなくならない。神は、必ず、私たちを救い、回復してくださる。

 このエレミヤの預言は、70年後に文字通りに成就した。さらに霊的な意味として、イエス・キリストの十字架による救いによって成就したのである。

 そして、エレミヤの預言は、現代を生きる私たち一人一人に語られている神のことばだ。

 神の計画の中に生かされている私たちには「将来に望みがある。」のだ。この神の希望に生きていきたい。

 

 天の父なる神さま。 

 あなたの恵みにただ感謝を捧げます。そのまま滅ぼされて当然の私たちに対して、永遠に変わらない愛をもって愛してくださっていることを感謝します。

 神の希望の中に生きる自分たちでありますように。神の希望に目をとめる私たちでありますように。どうぞ導いてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:26回

最新記事

すべて表示

エレミヤ書52章 エレミヤ書は、この52章で終わる。51章64節には「ここまでが、エレミヤのことばである。」と書かれている。52章は、エレミヤを通して神のことばが語り尽くされた後の「あとがき」が書かれている。すべての結果が出てしまった後の、淡々とした描写がかえって深く心に迫る。 バビロン帝国によって南ユダは滅びたのだ。神の都エルサレムは廃墟となり、栄華を極めたソロモン大王によって建立された神殿も廃

エレミヤ書51章 “God Has The Final Say” エレミヤ書51章には、バビロンに対するエレミヤの預言が記されています。エレミヤは、46章のエジプトに対する預言から始まって、イスラエルを取り巻く国々に対して多くの預言を行いました。 ここで一つ重要な事実は、この預言がなされた当時、バビロンはまだ世界の頂点にあったということです。その王であるネブカドネツァルは、おそらく世界で最も強力な

エレミヤ書50章 『バビロンの滅びの宣告』 イスラエルは、神の裁きによりアッシリアの王に食われ、その骨はついにバビロンの王ネブカドネツァルが食らった。そして、今度はバビロンが滅ぼされるというのだ。神の目に義とされることを行わなければ裁きが待っているということである。 バビロンは、主の御計画の為に用いられたのに、彼らも又、ベルとメロダクという偶像の神を拝していたのである。高慢になっていたのである。自