2022年1月6日 ディボーション

詩篇第五巻 127篇


“A Life Without God is a Life in Vain”


 詩篇127篇は、120篇から134篇までの15篇のうち、「都上りの詩篇」と呼ばれる8篇の中の一つです。先週も触れましたが、"ascents "は文字通り、"高いところへの旅 "という意味です。

 詩篇127篇は2つのセクションに分けられます。1節と2節は、原語のヘブライ語では、shaweという単語で始まり、「無駄に」という言葉が3回出てきます。最初の例は、もし人がヤハウェなしに自分の家庭や家族を築くなら、それはシャウエ(無駄)であることを明らかにするものです。第二の例は,ヤハウェが都市を見守らなければシャウエであることを明らかにしています。第三の例は,ヤハウェなしに一日中働くなら,それはシャウエであることを明らかにしています。つまり、ヤハウェのいない人生は、シャウエなのです。神なしに生きる人生は無駄なのです。


 3節から5節は、子どもは本当に神からの祝福であることを明らかにしています。興味深いことに、詩篇の作者は、人の子どもを矢筒の矢にたとえています。この節を寓話化することはいくらでもできますが、単純に「子どもの多い人は、子どものいない人よりも祝福され、より良い備えをしている」と解釈するのが無難でしょう。

 確かに、子どもは畑の余分な労働者や戦いの駒よりも尊い存在です。しかし、この詩篇の最後の言葉を読むと、多くの子どもを持つ人は、敵に直面したとき、確かに恥をかくことはないだろうということがわかります。


 この詩篇をどのように適用すればよいのでしょうか。この詩篇は、基本的に私たちの生き方を教えています。

 私たちは、神を第一とする生き方をしなければなりません。神に頼って家庭を築かなければなりません。自立に価値を置く世間とは異なり、私たちは神に依存するように努めなければなりません。神が私たちを支え、成長させてくださるという信仰を持たなければなりません。また、神の子として、私たちを守ってくださるのは神であるとの確信を持たなければなりません。N95マスクも、手袋も、盾も、社会的距離も、神なしにはすべて無駄になってしまうのです。

 私たちは日の出から日没まで働くことができます。しかし、神なしにはすべてが無駄になります。私たちを創造し、支えているのは神です。私たちは、呼吸する空気以上に神を必要としています。私たちに必要なのは神だけなのです。そして最後に、子どもは神からの真の祝福です。


 天の父よ、今日の御言葉をありがとうございます。私たちを創造してくださってありがとうございます。私たちを支えてくださってありがとうございます。私たちに子どもを授けてくださりありがとうございます。私たちに必要なものをすべて与えてくださりありがとうございます。私たちが永遠にあなたと一緒にいられるように、ひとり子イエスを十字架につけて私たちのために死なせてくださってありがとうございます。主よ、私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, Amen.



Psalm 127 is the eighth of 15 Psalms, 120 – 134, that are referred to as Psalms of Ascents. As mentioned last week, “ascents” literally means “A journey to a higher place.” Psalm 127 can be divided into two sections. Verses 1 and 2, in its original Hebrew, begins with the word shawe which translates to “in vain,” three times. The first instance reveals that it is shawe [in vain] if one builds his household or family without Yahweh. The second instance reveals that it is shawe unless Yahweh watches over a city. The third reveals that is shawe if one works all day long without Yahweh. In other words, a life without Yahweh is shawe. A life lived without God is in vain.

 

Verses 3 to 5 reveals that children are truly a blessing from God. Interestingly, the Psalmist metaphorically refers to a man’s children to arrows in his quiver. Although we can allegorize this verse to our hearts content, the safe way to apply this is to simply say that a man with a lot of children is blessed and better equipped than a man who does not have children. Certainly, children are more precious than extra laborers in the field or pawns in a battle. However, the final words of this Psalm reveals that a man with many children would certainly not be put to shame when confronted by his enemy.

 

How do we apply this Psalm? It basically teaches us how to live our lives. We need to live our lives by making God the primary focus. We must build our households by relying on God. Unlike the world that places value on self-reliance, we must strive to be dependent on God. We must have faith that God will sustain and grow us. As children of God, we must also have confidence that it is God who protects us. N95 masks, gloves, shields, social distancing would all be in vain without God. We can work from sunrise to sunset. However, all would be in vain without God. It is God that created and sustains us. We need God more than the air that we breathe. All we need is God. And finally, children are true blessings from God.

 

Thank you, Father in heaven, for today’s Word. Thank you for creating us. Thank you for sustaining us. Thank you for blessing us with children. Thank you for providing for us everything that we need. Thank you for sending your only Son Jesus to die for us on the Cross so we can be with You for all eternity. We love you Lord. In Jesus Name we pray, Amen.


閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方