top of page
  • hccnichigo

2022年1月31日 ディボーション

マルコの福音書2章


『イエスのもとに集まる群衆』


 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。


 病の癒しを売り物にする宗教は山ほどある。私も昔、友人に誘われて仕方なくある新興宗教の集いに参加したことがあったが、そこも病の癒しを強調していた。癒しを授けるグッズとして水晶が売られ、値段が高い物を購入すればするほど効果は高いということであった。新来者は礼拝の後に、さらなる水晶による奇跡のお話を聞かされるのだが、「この奇跡を信じるかどうかはあなた次第」と言われ、水晶グッズで癒される理由が分からないから、二度とそこに行くことはなかった。


 しかし、イエスが起こされた奇跡は違う。イエスはことばで人を癒されるのである。イエスは、ペテロの家に運び込まれたこの中風の人と、その人を連れて来た人たちに向かって「子よ、あなたの罪は赦された」と言われた。彼らはイエスを信じた信仰によって救われたのである。さらに中風の人に向かって「あなたに言う。起きなさい。寝床を担いで、家に帰りなさい。」と言われると、その人は立ち上がって、寝床を担ぎ、出て行ったのである。

 ヨハネ1章1節に「初めにことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」とある。神であられるイエスのことばに人々は集まった。なぜなら、そのことばには力があったからである。


 ここにみことばを宣べ伝えることの大切さがある。みことばをきちんと伝えるなら、そこに人は集まるということである。みことばには力がある。ことばは神である。イエス・キリストは今も生きて働いておられ、みことばをもって救われるのである。



 祈り:主よ、この天地を創造される前から、私と言う人間を救うと決めて、選んでくださったこと、心より感謝します。霊的に死んでいた私を起こし、癒し、みことばに従って生きることを教えてくださいました。どうか、この力あるみことばを、さらに多くの方々に、お伝えすることができますよう、お用いくださいますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:45回

最新記事

すべて表示

2024年3月27日 マルコの福音書16章

「全世界に出て行き、すべての造られた者に福音を宣べ伝えなさい。」(15) この御言葉は、復活のイエスが弟子たちに命じられた”大宣教命令”と呼ばれる箇所である。 弟子たちは、文字通りに全世界に出て行って福音を宣べ伝えた。そして、この福音は、東の果ての日本にまで届いたのだが、届くまでにどのくらいの年数がかかったのだろうか。 諸説あるが、フランシスコ・ザビエルの来日の時とするならば、約1549年かかった

2024年3月26日 マルコの福音者15章

『十字架でのことば』 主イエスは、暴動で人殺しをしたバラバの代わりに十字架にかけられました。バラバという名前は「バル・アッパー」これは父の子と言う意味です。つまり人間の父の子供に代わって、神の子イエスが十字架の死に向かったという深い意味もあるのです。身代わり、贖いの主イエスは、十字架に至るまで、人の身代わりになって下さった事を表しているのですね。 34節抜粋に「わが神、わが神、どうしてわたしをお見

2024年3月25日 マルコの福音書14章

『主のみこころがなりますように』 過ぎ越しの祭り(種なしパンの祭り)が二日後に迫りました。イエスが十字架に架かられる日が二日後に迫ったのです。その日、祭司長たちと律法学者たちはイエスを殺すための方法を思索していました。イエスはというと、ツァラアトに冒されたシモンの家で、マルタとラザロの妹マリアが持参したナルドの香油によって、ご自身の埋葬の準備を行っていました(ヨハネ12:2‐3参照)。そしてその日

Comments


bottom of page