2021年8月24日ディボーション

マタイの福音書20章


『同じようにしなさい。』


 イエス様には12人の弟子たちがいた。彼らはみな、育った環境、これまでの歩みも異なれば、前職もそれぞれ。性格も異なる人たちだ。

 では、どうして彼らはみな、イエス様の弟子となったのか?


 その共通点はただ一つ。イエス様に名前を呼ばれて、その弟子に任じられたからだ。イエス様が選んでくださったから。ただその一つでこのお方の弟子になったのだ。


 でも、イエス様の弟子になったのは、自分だけではない。それによって生じる難しい現実をこの20章17節以降には記されている。誰が一番弟子で、誰が二番弟子なのか?

 どこか横を見ては、他の人を意識してしまっている弟子たちやその母の姿がある。

 そうすると、本来は一致団結して同じ師匠の背中を追う弟子たちなのに、どこか競争相手に取って代わってしまう。

 そんな風にお互いを横目で見ていたら、全く不要な虚栄心や、一方では自信喪失、「自分はダメだ」と落ち込むことだってあるかもしれない。


 この時だって、二人の兄弟(弟子)とその母のイエス様とのやり取りを横目に、腹が立たずにはおれない残りの10人の弟子たちの姿がある。(24節)


 そのような12人の弟子たちに、イエス様はこのようにおっしゃられた。

あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい。

 あなたがたの間で先頭に立ちたいと思う者は、皆のしもべになりなさい。

 人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人のための贖いの代価として、自分のいのちを与えるために来たのと、同じようにしなさい。26〜28節


 師匠イエス様は、「横を見るな」と教えてくださっている。見るべきは横にいる他の人たちではなく、「人の子(イエス様)」なんだと。そして、今日は「同じようにしなさい。」という御声が、私の心に響いている。


 横をキョロキョロ見ずに、まっすぐ師匠を見て倣う者でありたい。そのように教えられている。


 イエス様、私はあなたの弟子です。今も師匠である愛するあなたの背中を追いかけている弟子です。足りない者です。弱い者です。でも、あなたについて行きます。あなたのようにみなに仕え、みなを愛する者へと日々、私を造り変えてください。そして、師匠であるあなたのように生きることができますように。アーメン。

閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式