2021年7月3日 ディボーション

ヨブ記10章


『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。』


●学んだこと:

 10章でヨブは不平をぶちまける。切々と、時に激しく赤裸々に、苦悩のすべてを神の前に吐露しようとする。ヨブを創ったのも主なる神で、今ある苦悩と存在のすべてが神の意思であることをも知った、ある種の信頼の上で、それでも訴え続ける。神さまに近づけば近づくほど、絶対的主権を認めれば認めるほど苦しむヨブ。真っ正直に信仰と対峙するヨブ。


 アダムとエバのはじめから人間は罪を犯した。神さまは罪を見逃すお方ではない。だから裁かれる、因果応報の法則は事実だ。だがこの法則を唯一打破できるのは、「キリスト・イエスにある命の霊の法則が、罪と死の法則からあなたを解放したからです。」(ローマ8:2共同訳)であると、一昨日のデボーションで学んだ。命の霊の法則とは、イエスさまの十字架の恵みにあずかれるということだ。

 ヨブも「私たち二人の上に手を置く仲裁者が、私たちの間にはいません。」(9:33)と、神とヨブの間の苦悩や不条理を解決してくれる、仲裁者イエスさまの不在を預言的に嘆いた。


 昨日のデボーションの記者は、Ⅰテモテ2:5、パウロの言葉を示してくれた。

「神は唯一です。神と人との間の仲介者も唯一であり、それは人としてのイエス・キリストです。」

 神さまと私たち人間の仲介者は唯一無二、イエスさましかいないということはとても重大だ。信仰の中心に刻んでおきたいことだ。

 愛する家族や友人との不安定な関係、異なる信仰の違いやいさかい、政治や国境線上での争いの全て、世界中の苦悩や不条理は、イエスさまの仲介なくして解決できないという事実。絶対的なリアル。私はこの事実の重みをしっかり受け止めていなかった。こんなに大切なことなのに。

 今回、デボーションの友が、イエスさまの仲介を記してくれたおかげで、私は神さまとの和解を正しく知ることができた。

「すなわち、神はキリストにあって、この世をご自分と和解させ、背きの責任を人々に負わせず、和解のことばを私たちに委ねられました。」(Ⅱコリント5:19)

 イエスさまご自身も言われる。

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。」(ヨハネ14:6)

 ハレルヤ!


 ミノ、ハチノス、センマイ、ギアラ‥‥焼肉でおなじみの牛の胃は4つもある。消化しにくい植物の繊維を、何度も反芻しながら栄養として吸収するためだ。

 私も読み進むだけのデボーションではなく、大切だと思った時には、戻ったり、立ち止まったりしながら御言葉を咀嚼して繰り返し、霊的な栄養にできたらいいなあと、切に願いました。


●祈り:

 愛する神さま、イエスさまの十字架のあがないで、罪を赦していただいたことを感謝します。和解の恵みを無駄にすることなく、受け取り生かすことができますよう導いてください。御言葉をゆっくりじっくり味わう喜びを、与えてくださってありがとうございます。感謝してイエスさまの御名で祈ります。アーメン

閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 42章 「私はあなたのことを耳で聞いていました。しかし今、私の目があなたを見ました。」(5節) 「ヨブは主に答えた。あなたには、すべてのことができること、どのような計画も不可能ではないことを、私は知りました。」(1節) ヨブが書いたとされる解釈もあるノンフィクションのこの書。物語の最初からヨブは神の目に正しい人だとされている。しかしこの長い42章を通して彼が私たちに伝えたかったことは何か。

ヨブ記40章 『謙遜の学び』 ヨブは自分に襲いかかった種々の苦難の意味を神に求めた。全知全能であられる神のみが、その意味を知っておられると信じていたからだ。しかし神は、ヨブの求めには答えず、逆にヨブに質問を投げかけている。「非難するものが全能者と争おうとするのか。」(2)「あなたはわたしのさばきを無効にするつもりか。自分を義とするため、わたしを不義に定めるのか。」(8)「あなたには神のような腕があ