2021年6月4日 ディボーション

ヨハネの黙示録3章



 黙示録3章には、7つの教会に書き送られたメッセージの中の、サルディス、フィラデルフィア、ラオディキアの3つの教会のことを記されています。

 どの言葉も耳を傾ける必要のあることですが、特に20節の御言葉を取り上げたいと思います。



「見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。誰でも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしは、その人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」



 この御言葉は、よく未信者に対するメッセージとして引用されることがあります。「イエスさまが心の扉をノックしているから、心を開いてイエスさまを心に受け入れましょう」という感じです。

 しかし実際には、この御言葉は教会に対して語られているものです。つまり信者に対してです。なんとラオディキアの教会は、イエスを教会の外に追い出してしまっているということなのです。

 そんなことがあるのかと思いますが、意外とありがちかもしれません。ある誕生日会に参加したとき、招待者は飲めや歌えで楽しそうに盛り上がっているのですが、肝心の誕生者は、まったく蚊帳の外ということがありました。

 同じように、熱心に賛美していても、祈っていても、奉仕していても、交わっていても、肝心のイエスはそっちのけという事も有り得ることです。



 しかし驚くのは、イエスは、それでもなお教会の中に入ろうとして戸をたたいていてくださるという事です。しかも、戸を開けたらイエスは中に入って来てくださって食事をともにしてくださるというのです。食事をともにするということは「和解」を現わします。

 もし私たちが、イエスを外に追い出してしまうような事があっても、もう一度戸を開いたら、イエスは私たちを赦して、もう一度正しい関係を回復してくださるというのです。なんという恵みでしょうか。



祈り


 天の父なる神さま、私たちは、あなたを教会の外に追い出してしまうような事を、いつの間にかしてしまうような者たちです。しかし、あなたの忍耐により、もう一度戸を開き、あなたをお招きするチャンスを与えてくださることを感謝します。どうか、教会の主が、文字通り教会の主として、いつも教会の王座にいてくださいますようにと心から願います。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

ヨブ記 7章 6章に続き7章の前半もヨブの友人への応答であるが、途中から神への訴えが始まる。ヨブはあまりにも体の痛み苦しみに耐えられなくて、神に嘆きの思いで訴えている。 10人の子ども達、財産すべてを失った時のヨブは、悲しみの中から立ち上がって、神を決して見失うことなく堂々として立派であった。でも、人間の己自身の体の痛みになると本音が出てくるものである。そして、ヨブはまるで神に敵対するかのような投

ヨブ記6章 『神が望むままに…』 人はみな、自分を生きている。それゆえ、時に葛藤を覚える。信仰者であれば、その道々によっては、ずっと信頼していた神に苦悶する。これは、「神を知っている(信じている)」がゆえに溢れてくる葛藤とも言える問いだ。 現代を生きる私たち信仰者にも多分にある、そのような神への問いがヨブ記には見事に表されている。 ここで、友人エリファズの声に、ヨブは口を開いて答える。 2節「ああ

ヨブ記5章 不幸や苦しみの原因は、罪を犯した愚か者への罰である。神に歯向わず、赦しと癒しを願い求めよ、とエリファズはヨブを諭す。 「私なら、神に尋ね、神に向かって自分のことを訴えるだろう。」(8節) 「全能者の訓戒を拒んではならない。」(17節) 「神は傷つけるが、その傷を包み、打ち砕くが、御手で癒してくださる。」(18節) エリファズの発言は正しい。ただ、ヨブが愚か者だと断定するところに違和感を