• HCCnichigo

2021年6月4日 ディボーション

ヨハネの黙示録3章



 黙示録3章には、7つの教会に書き送られたメッセージの中の、サルディス、フィラデルフィア、ラオディキアの3つの教会のことを記されています。

 どの言葉も耳を傾ける必要のあることですが、特に20節の御言葉を取り上げたいと思います。



「見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。誰でも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしは、その人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」



 この御言葉は、よく未信者に対するメッセージとして引用されることがあります。「イエスさまが心の扉をノックしているから、心を開いてイエスさまを心に受け入れましょう」という感じです。

 しかし実際には、この御言葉は教会に対して語られているものです。つまり信者に対してです。なんとラオディキアの教会は、イエスを教会の外に追い出してしまっているということなのです。

 そんなことがあるのかと思いますが、意外とありがちかもしれません。ある誕生日会に参加したとき、招待者は飲めや歌えで楽しそうに盛り上がっているのですが、肝心の誕生者は、まったく蚊帳の外ということがありました。

 同じように、熱心に賛美していても、祈っていても、奉仕していても、交わっていても、肝心のイエスはそっちのけという事も有り得ることです。



 しかし驚くのは、イエスは、それでもなお教会の中に入ろうとして戸をたたいていてくださるという事です。しかも、戸を開けたらイエスは中に入って来てくださって食事をともにしてくださるというのです。食事をともにするということは「和解」を現わします。

 もし私たちが、イエスを外に追い出してしまうような事があっても、もう一度戸を開いたら、イエスは私たちを赦して、もう一度正しい関係を回復してくださるというのです。なんという恵みでしょうか。



祈り


 天の父なる神さま、私たちは、あなたを教会の外に追い出してしまうような事を、いつの間にかしてしまうような者たちです。しかし、あなたの忍耐により、もう一度戸を開き、あなたをお招きするチャンスを与えてくださることを感謝します。どうか、教会の主が、文字通り教会の主として、いつも教会の王座にいてくださいますようにと心から願います。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

33回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年6 月13日 デヴォーション

ヨハネ黙示録12章 1節~6節は、イエス・キリストの誕生にまつわる出来事の描写が記されている。 1節「一人の女」とは、イスラエルのことで、直接的にはイエスの母マリヤのこと。 3節「炎のように赤い大きな竜」とは、悪魔のこと。 4節「天の星の三分の一」とは、悪魔が天使の三分の一を地上に投げ落としたと いうこと。この投げ落とされた元天使が悪霊と呼ばれる存在。 5節 「この子」とは、イエス・キリストのこと

2021年6月12日 デヴォーション

ヨハネの黙示録 11章 『第七のラッパ、この世の国はキリストのものとなった』 ●学んだこと: 2年前、チャーチのデボーションで黙示録を通読して、失敗したことがある。読んでもチンプンカンプンで、手引書や解説書を読みあさり、袋小路にはまってヘトヘトになった。日本に帰った時に書店で、小畑進氏の『ヨハネの黙示録講録』というのを見つけ、立ち読みして瞠目した。黙示録の、なんと一節ごとの説教集だったのだ。例えば

2021年6 月11日 デヴォーション

ヨハネの黙示録10章 まさに大患難時代の描写が続きます。9章では第六の御使いによるラッパが吹かれ、10章では、第七のみ使いによるラッパが吹かれようとしています。(7節) 6節には「もはや時は残されておらず」と記されていますが、ある訳では「もはや、時が延ばされることはない」と訳されています。 ということは、これまで時が延ばされていたということです。なぜ、延ばされて来たのでしょうか。 「主は、ある人た