top of page
  • HCCnichigo

2021年6月4日 ディボーション

ヨハネの黙示録3章



 黙示録3章には、7つの教会に書き送られたメッセージの中の、サルディス、フィラデルフィア、ラオディキアの3つの教会のことを記されています。

 どの言葉も耳を傾ける必要のあることですが、特に20節の御言葉を取り上げたいと思います。



「見よ。わたしは戸の外に立ってたたいている。誰でも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしは、その人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。」



 この御言葉は、よく未信者に対するメッセージとして引用されることがあります。「イエスさまが心の扉をノックしているから、心を開いてイエスさまを心に受け入れましょう」という感じです。

 しかし実際には、この御言葉は教会に対して語られているものです。つまり信者に対してです。なんとラオディキアの教会は、イエスを教会の外に追い出してしまっているということなのです。

 そんなことがあるのかと思いますが、意外とありがちかもしれません。ある誕生日会に参加したとき、招待者は飲めや歌えで楽しそうに盛り上がっているのですが、肝心の誕生者は、まったく蚊帳の外ということがありました。

 同じように、熱心に賛美していても、祈っていても、奉仕していても、交わっていても、肝心のイエスはそっちのけという事も有り得ることです。



 しかし驚くのは、イエスは、それでもなお教会の中に入ろうとして戸をたたいていてくださるという事です。しかも、戸を開けたらイエスは中に入って来てくださって食事をともにしてくださるというのです。食事をともにするということは「和解」を現わします。

 もし私たちが、イエスを外に追い出してしまうような事があっても、もう一度戸を開いたら、イエスは私たちを赦して、もう一度正しい関係を回復してくださるというのです。なんという恵みでしょうか。



祈り


 天の父なる神さま、私たちは、あなたを教会の外に追い出してしまうような事を、いつの間にかしてしまうような者たちです。しかし、あなたの忍耐により、もう一度戸を開き、あなたをお招きするチャンスを与えてくださることを感謝します。どうか、教会の主が、文字通り教会の主として、いつも教会の王座にいてくださいますようにと心から願います。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示

2023年12月16日 ヨハネの黙示録22章

いよいよ黙示録最終章、聖書の最後の章だ。前章に引き続き、新天地の描写が続く。 私たち信者がたどり着くのは、夫のために飾られた花嫁のように整えられた地だというのだ。何とも穏やかで、美しい地に違いないと想像する。そこは、神様とイエス様の御座から流れるいのちの水の川が流れる地。いのちの木が植えられ、全てが癒され、のろわれるものは何もない。神様の御顔を見るものは死ぬと言われてきた時代は終わり、御顔を直に仰

2023年12月15日 ヨハネの黙示録21章

『新しい天と地』 以前の天と以前の地は過ぎ去り、新しい天と新しい地とが現われます。新天新地は、創造主なる神が最初から目指していた世界であり、創造主なる神とすべての被造物が一つになる真の平和と幸せの世界です。そこには海はありませんでした。 これは以前の、つまり現在の世界とは大きく異なる点のひとつです。ヨハネは、そこで、聖なる都エルサレムが天から下って来るのを見ました(2節)。それはあたかも夫のために

2023年12月14日 ヨハネの黙示録20章

20章は、患難時代の後に来る千年王国の予言と言われている。 竜、すなわち、悪魔でありサタンである古い蛇が捕えられて、千年の間、底知れぬ所に投げ込まれることが預言されている。アダムとエバを欺いた古い蛇は、この時に至るまで諸国の民を惑わし、獣や偽預言者を背後で操ってきていたが、ついにその働きの終わる時が来たのである。しかし、千年の後に、竜はしばらくの間、解き放たれることになる。 千年の終わりにサタンは

bottom of page