2021年3月28日 ディボーション

II歴代誌12章


 さて、神殿が完成し、ソロモンの名声と栄華の時を経て、ソロモンの息子レハブアムが王 位を継いだ。ここから、歴代の王たちの物語が始まる。 レハブアムは、「彼が強くなると、彼は主の律法を捨て、彼と共にいた全イスラエルもそ うした」(1)と記されている。 強くなることの危険性と、王によって国民全体が左右される様子がうかがえる。

 ここで主 の裁きがくだるが、王と首長たちがへりくだったので、主のあわれみが注がれた。 これは、6章に記されているソロモンの祈りの通りである。主に対して罪を犯しても、も しへりくだるなら、主はあわれんでくださるのである。 それにしても、私たちは、神に頼ることがなくなり、神から離れるほどに強くなってはならない。いや、強くなったと錯覚してはならないと言った方が良いだろうか。 往々にして、私たちの強さは、人を支配し、人を虐げ、人を苦しめ、そして神から離れる という結果をもたらしやすい。

 本当の強さとは何だろうか。それは、自分の弱さを認めることのできる強さだ。本当の自 分の実体を見つめることの出来る強さだ。神の御前にへりくだることの出来る者は、本当に 強い者だ。私たちの弱さの中にこそ、神の力は現わされるのだ。 だから、私たちは、神に強がるのではなく、弱さを現わせる強さを持ちたい。その強さと は、神に愛されているという絶対的確信から来るものだ。


語られたこと:

神の御前はもちろん、人の前でも強がるのではなく、ありのままの自分でいられるよう に。自分の弱さの中にこそ、神の力が働くということをもっともっと信じることが出来るようにと心から願う。


祈り :

天の父なる神さま。私たちが偽りの強さを持ってしまうことがないように、いつでも主の 強さの中に歩むことが出来ますように、守り導いてください。主イエス・キリストの御名に よって祈ります。アーメン

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

歴代誌 第二 36章 「あなたがた、だれでも主の民に属する者には、その神、主がともにいてくださるように。その者は上って行くようにせよ。」 -23節- ●語られたこと: いよいよ第二歴代誌もここで終結をむかえることになった。 36章は、ヨシヤの死後に4人の王達(エホアハズ、エルヤキム、エホヤキン、ゼデキヤ)が登場する。 4人の王達全員が主の目に悪であった。神が予言者をとおして悔い改めの機会をあたえた

歴代誌 第二 35章 『ヨシア王の死』 ●前の章とこの章を読むと不思議なのです。何故ヨシア王の死はあっけないものだろうか? という疑問だった。この二つの章を読むとヨシア王は素晴らしい働きをしていたことが明らかだったからです。 私は不思議に思い、何度か聖書を読み返すうちにアレッと思ったのです。それはユダの王として素晴らしい働きをし、ユダの民を神への反省へと導いたのです。しかし、ヨシア王が神に対して祈

歴代誌 第二 34章 『主の教えを語り継ぐもの』 ハワイ王朝は文字を持たなかった。彼らは大切な教えを歌やフラにして後継者たちに伝えた。イスラエルの民にもモーセの時代から受け継がれるべきもの、律法の書と歌があった。しかし長年忘れ去られ、本来の目的として日の目を見る事なく、次第に存在の薄いものになっていたようだ。だから祭司ヒルキアがモーセを通して示された律法の書を見た時は”?????”と感じたのではな