top of page
  • hccnichigo

2021年3月28日 ディボーション

II歴代誌12章


 さて、神殿が完成し、ソロモンの名声と栄華の時を経て、ソロモンの息子レハブアムが王 位を継いだ。ここから、歴代の王たちの物語が始まる。 レハブアムは、「彼が強くなると、彼は主の律法を捨て、彼と共にいた全イスラエルもそ うした」(1)と記されている。 強くなることの危険性と、王によって国民全体が左右される様子がうかがえる。

 ここで主 の裁きがくだるが、王と首長たちがへりくだったので、主のあわれみが注がれた。 これは、6章に記されているソロモンの祈りの通りである。主に対して罪を犯しても、も しへりくだるなら、主はあわれんでくださるのである。 それにしても、私たちは、神に頼ることがなくなり、神から離れるほどに強くなってはならない。いや、強くなったと錯覚してはならないと言った方が良いだろうか。 往々にして、私たちの強さは、人を支配し、人を虐げ、人を苦しめ、そして神から離れる という結果をもたらしやすい。

 本当の強さとは何だろうか。それは、自分の弱さを認めることのできる強さだ。本当の自 分の実体を見つめることの出来る強さだ。神の御前にへりくだることの出来る者は、本当に 強い者だ。私たちの弱さの中にこそ、神の力は現わされるのだ。 だから、私たちは、神に強がるのではなく、弱さを現わせる強さを持ちたい。その強さと は、神に愛されているという絶対的確信から来るものだ。


語られたこと:

神の御前はもちろん、人の前でも強がるのではなく、ありのままの自分でいられるよう に。自分の弱さの中にこそ、神の力が働くということをもっともっと信じることが出来るようにと心から願う。


祈り :

天の父なる神さま。私たちが偽りの強さを持ってしまうことがないように、いつでも主の 強さの中に歩むことが出来ますように、守り導いてください。主イエス・キリストの御名に よって祈ります。アーメン

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

Comments


bottom of page