2021年2月19日ディボーション

歴代誌第一4章


『ヤベツという人』


 彼がどのような家庭で、どのような中に生まれ育ったのか、聖書はその詳細を明らかにしていない。でも、彼は系図の中に挟まれながらも「最も重んじられた」人として、ここにたった2節分だが、特別なインパクトを残して記されている。


 ヤベツが生まれた時から、何か痛みがあったのだろう。「痛み」「悲しみ」という意味が込められた名前にある生涯を、彼は自ら背負って生きてきたのだ。


 苦しかったこと、辛いこと・・・、たくさんあっただろう。


 そのような彼の祈り(10節)は、とっても切実且つ大胆だ。

「私を祝福してください。」「もうこれ以上、痛みを味わうことのないようにしてください。」


「神は彼の願ったことをかなえられた。」(10節)


 このように大胆に神様に求めてよいということ、神様は私たちの切実な叫びを決して無視しない、ということをこの箇所を通してリマインドされる。


 私たちの神様は、祝福の神様なのだ。


 だから私もヤベツのように、祝福の神様を大胆に呼び求めたい。


ヤベツの祈り

「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあってわざわいから遠ざけ、私が痛みを覚えることのないようにしてください。」アーメン。

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

使徒の働き11章 異邦人たちも神のことばを受け入れたことを耳にした使徒たちとユダヤにいる兄弟たちは、興奮して喜んでくれるかと思いきや、ペテロがエルサレムに上って来たときに非難したのである。彼らがペテロを非難したのは、割礼を受けていない者たち、つまり異邦人たちのところに行って、食事をしたということにこだわったのである。兄弟たちは、事情を知らなかったので、古い習慣で異邦人を差別してはならないということ

使徒の働き10章 『神さまを語るということ』 大改革を迎えた。10章から11章まで、異邦人が初めて洗礼を受けたことの詳細が伝えられている。 ユダヤ人のペテロにとって、異邦人は汚れた存在で近づくことなどあり得なかった。同胞の血が混ざるサマリア人でさえ犬猿の仲で拒み続けていた。 長い分断を和解させるために、イエスさまは大胆かつ繊細に改革された。 ローマから派遣されたイタリア隊はサマリアの港町、カイサリ

使徒の働き9章 この9章は、パウロの回心の出来事が記されている。この一連の出来事をドラマのようにイメージすると、なんとも劇的で、手に汗握るシーンがあり、中には「サウロの目から鱗のような物が落ち」(18)とあり、なるほど「目から鱗」とは、ここがオリジナルなのだと判ったり、読み応えのある章である。 パウロは、かつての迫害者から、イエスが「神の子」であることを証言する者へと変えられた。彼は、旧約聖書に精