• HCCnichigo

2021年2月19日ディボーション

歴代誌第一4章


『ヤベツという人』


 彼がどのような家庭で、どのような中に生まれ育ったのか、聖書はその詳細を明らかにしていない。でも、彼は系図の中に挟まれながらも「最も重んじられた」人として、ここにたった2節分だが、特別なインパクトを残して記されている。


 ヤベツが生まれた時から、何か痛みがあったのだろう。「痛み」「悲しみ」という意味が込められた名前にある生涯を、彼は自ら背負って生きてきたのだ。


 苦しかったこと、辛いこと・・・、たくさんあっただろう。


 そのような彼の祈り(10節)は、とっても切実且つ大胆だ。

「私を祝福してください。」「もうこれ以上、痛みを味わうことのないようにしてください。」


「神は彼の願ったことをかなえられた。」(10節)


 このように大胆に神様に求めてよいということ、神様は私たちの切実な叫びを決して無視しない、ということをこの箇所を通してリマインドされる。


 私たちの神様は、祝福の神様なのだ。


 だから私もヤベツのように、祝福の神様を大胆に呼び求めたい。


ヤベツの祈り

「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあってわざわいから遠ざけ、私が痛みを覚えることのないようにしてください。」アーメン。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年5月14日 ディボーション

ネヘミヤ記5章 『神を畏れつつ歩む』 民とその妻たちから、同胞のユダヤ人に対して、強い抗議の声が飛び交う。それは、はなはだしい貧富の差から生じた問題に対する声だった。 ネヘミヤは、このことを聞いて激しく腹を立てた、と書いてある。そして、十分考えた上で、行動に出た。それは、有力者たちや代表者たち(いわゆる富裕層に属する人たち)を非難したのだ。行動は、それだけでは終わらない。さらには、大集会まで開いて

2021年5月13日 ディボーション

ネヘミヤ記 4章 『軽蔑、侮辱、嘲に屈しない祈りの力』 一生懸命に努力する人の足を引っ張るものはどの時代にもいる。神の守りを意味する城壁。その修復の時にもユダヤ人を嘲った者たちがいた。 嘲る者の言葉に耳を傾けなければ良いだけだが、現実的に嫌でも耳に入り、心が折れてしまうことがある。私も日々の生活の中でそのような状況に何度も立たされて、主に試された。「本当に心から主の為に働くのか?」と ネヘミヤは肉

2021年5月12日  デイボーション

ネヘミヤ記  3章 語られたこと: 城壁復興への道がいよいよスタートした。 城壁を造るために多くの人々が協力した。各村ごとにリーダーをおこして城壁のつなぎの工事をしてきたことや、又、城壁の両サイドからの補修をしてきた。このことは、城壁復興だけでなくて、各村ごとの復興作業に協力した民が収入が得られることにもつながった。神が、ネヘミヤに与えた知恵ある行動からでた計画は実に素晴らしいものだった。ネヘミヤ