• HCCnichigo

2021年2月19日ディボーション

歴代誌第一4章


『ヤベツという人』


 彼がどのような家庭で、どのような中に生まれ育ったのか、聖書はその詳細を明らかにしていない。でも、彼は系図の中に挟まれながらも「最も重んじられた」人として、ここにたった2節分だが、特別なインパクトを残して記されている。


 ヤベツが生まれた時から、何か痛みがあったのだろう。「痛み」「悲しみ」という意味が込められた名前にある生涯を、彼は自ら背負って生きてきたのだ。


 苦しかったこと、辛いこと・・・、たくさんあっただろう。


 そのような彼の祈り(10節)は、とっても切実且つ大胆だ。

「私を祝福してください。」「もうこれ以上、痛みを味わうことのないようにしてください。」


「神は彼の願ったことをかなえられた。」(10節)


 このように大胆に神様に求めてよいということ、神様は私たちの切実な叫びを決して無視しない、ということをこの箇所を通してリマインドされる。


 私たちの神様は、祝福の神様なのだ。


 だから私もヤベツのように、祝福の神様を大胆に呼び求めたい。


ヤベツの祈り

「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあってわざわいから遠ざけ、私が痛みを覚えることのないようにしてください。」アーメン。

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年2月25日ディボーション

歴代誌第一 10章 『クリスチャン倫理』 ●語られたこと: 最近NHKで興味深いドラマがあって見続ている。「これから倫理の時間です」と言う高校生の倫理の授業を中心にそれぞれが抱える問題と哲学者、知恵者と言われた先人達の残した言葉を用いてどう生きるべきかを問いかけるドラマ。話の舞台は高校生活だが、内容はどんな年代にも、住まう土地にも関係する内容。もしチャンスがあったら皆さんに見ていただきたいドラマで

2021年2月24日 ディボーション

歴代誌 第一  9章 ●語られたこと: バビロン捕囚から解放されて70年後に帰還して、それぞれの所有地に最初に住み着いたのは、イスラエルの人々、祭司たち、レビ人および宮のしもべたちであった。エルサレムには、ユダ族、ベニヤミン族、エフライムおよびマナセ続の者が住んだ。その系図が述べられている。そして、彼らのそれぞれの働きがここに詳細にのべられている。 門衛、主の宮の器具の管理、安息日にパンを用意する

2021年2月23日ディボーション

旧約聖書:1歴代誌8章 「ベニヤミンの系図」 ●ベニヤミンはヤコブ(イスラエル)の12番目に生まれた末っ子です。 その子孫の名がこの8章では述べられています。 ベニヤミン族はサウル王の家系でもあります。 しかもベニヤミン族はサウル王の不始末により、消滅しかかりました。(2サムエル記9章) しかしユダ族の王、ダビデの寛容によりわずかな人たちが残り、イスラエルが分裂した時には、南ユダ王国側に統合され、

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com