2021年10月7日 ディボーション

詩篇第一巻36篇


Father, Please Keep Our Hearts Humble


 この詩篇は、神の驚くべき属性である1)揺るぎない愛、2)真実さ、3)義、4)正しい裁きについて、悪しき人の罪と対比して語っています(5-6節)。罪は悪しき人を深く掘り下げ、「自分は正しい」という神を恐れないプライドで満たします。その結果、この人はこの過程で神を締め出してしまうのです。もし私たちがこの詩を軽く読んでしまうと、私たちの身の回りの悪いと思っている人にこの詩を当てはめてしまうことがあるかもしれません。

 しかし、この詩篇を黙読すると、これは私たち一人一人に向けて語られていることがわかります。私たちが神のことばではなく、自分自身の思いや自分自身の判断に頼るとき、私たちは賢明な行動や善を行うことができなくなります。私たちの口から出る言葉は、悩みと偽りをもたらします(3節)。自分では気づかないかもしれませんが、夜寝る前にベッドで横になって考え込み、不法を謀ってしまうことすらあるかもしれません(4節)


 パウロが後に明らかにしたように、私たちは「……すべての人は罪を犯して、神の栄光を受けることができず、」(ローマ3:23)。救われてキリストのからだに組み込まれたとき、私たちの多くはどのようにして義を得るか間違った考えを持っていました。多くの人が聖書を読めば読むほど、神についての知識が増えていきます。しかし、聖書の知識は頭だけのものではありません。私たちは、この頭の知識が私たちの心そのものに映し出されなければなりません。

 神のことばを頭の中だけにとどめておくと、私たちは高慢になり、他のクリスチャンが知らないことを自分が知っているような気になってしまいます。しかし、この聖書の知識を聖霊に委ねることで、私たちの心は変えられます。

 聖霊が私たちに、1)死に値する罪深い性質、2)神の驚くべき愛、3)、義、4)裁きを気づかせてくださる、その時、私たちは自分がいかに価値のない者であるかを知ります。聖書の知識が、真に私たちの心を変えるのはは、唯一、私たちがへりくだることによってです。

 私たちが愛するのは、神がまず私たちを愛してくださったからです(1ヨハネ4:19)。私たちはしばしば不貞を働きますが、神はいつも忠実です(2テモテ2:13)。私たちは、イエス様の十字架の死が私たちの罪を覆ってくれると信じているので、神様の前に義と認められます(ヨハネ3:16、ローマ3:22、2コリント5:21)。

 最後に、私たちは皆、自分の罪のために、死の裁きを受けるべきだと知っています。しかし、神は私たちのために死の裁きを受けるために人となられました(ローマ6:23)。私たちを義とするのは、私たち自身が振りかざす義ではなく、キリストの血によって支払われたキリストの義のみが、私たちと父なる神との壊れた関係を回復してくれるのです。


 私たちがへりくだるとき、ダビデは神の揺るがない愛を3回も思い出させてくれます。神の救いの揺るがない愛、真実さ、義、正しい裁きは、神のすべての被造物に及んでいます(5-6節)。

 神の揺るがない愛は、1)御翼の下にある避け所、2)主の家での豊かさ、3)楽しみの流れ、4)いのちの泉、5)主の光のうちに、私たちが見る光(7-9節)。最後の節では、神を知る者への揺るぎない愛の継続を神に願います。ダビデは、「心のまっすぐな人に義があるように」と願います。傲慢の足が私の上に来ないように」(11節)と神に懇願しています。ダビデは自分が謙虚でいられるように神に懇願しています。ダビデは自分の心を謙虚に保ってくれるように神に懇願しているのです。ダビデは自分を謙虚に保ち、悪しき道に陥らせないように神に懇願しています。傲慢と誇りは私たちを堕落させ、立ち上がることができなくなります。私たちは、一つのからだとしてへりくだり、兄弟姉妹として互いに愛し合うように努めましょう。


 天のお父様、あなたのことばに改めて感謝します。私たちがあなたのことばを読むとき、どうかあなたのことばが私たちの心を変え、私たちを謙虚にしてくれますように。私たちが主についてどれだけ勉強しても、私たちは主が教えてくださったことしか知らないという事実を忘れないようにしましょう。

 父よ、あなたの揺るぎない愛、真実さ、義、そして、正しい裁きを成してくださることを感謝します。私たちは皆、死に値する者ですが、父よ、御子イエス·キリストを遣わしてくださり、私たちの代わりに十字架の死によって私たちの罪の罰を払ってくださり、私たちがあなたと和解できるようにしてくださったことを感謝します。また、かつてダビデがあなたに祈ったように、あなたの恵みによって、どうか私たちの心を謙虚に保ってください。

 私たちがプライドや私たちの持つ正しさにつまずいたときには、聖霊を送って私たちの心を謙虚に変えてくださるようお願いします。父よ、あなたの意志を私たちの意志としてください。父よ、あなたを愛しています。In Jesus Name I pray, Amen!


Father, Please Keep Our Hearts Humble

 

Psalm 36, another Psalm of David, speaks about the contrast between the transgressions of wicked people as opposed to God’s amazing attributes which are His 1) Steadfast love, 2) Faithfulness, 3) Righteousness, and 4) Judgments (vv. 5-6). Sin digs deep into a wicked person and fills him up with a godless pride of his own self-righteousness. The result is that this person shuts out God in this process. If we read this verse too lightly, It would be easy to pass this off to the “bad” people that we know in our lives. Meditating on this Psalm will reveal that it speaks to each and every one of us. When we rely on our own fallen instincts, best intentions, and self-righteousness instead of God’s Word, we will cease to act wisely and do good. The words that come out of our mouths will bring trouble and deceit (vv. 3). Although we may not realize it, we will plot trouble as we lay down in our beds and ponder things at night before we go to sleep (vv. 4). 

 

As Paul later reveals, we have “. . . all sinned and fall short of the glory of God” (Rom. 3:23). When we were saved and adopted into the body of Christ, a lot us have the wrong idea of how we become righteous. The more many of us read the Bible, the more knowledge about God we gain. But biblical knowledge is not meant for only the head. We must make it part of us by allowing this head-knowledge to transform our hearts. Keeping God’s word only in our heads will makes us proud, arrogant, and give us a feeling that we know something that other Christians do not know. Surrendering this biblical knowledge to the Holy Spirit, however, will transform our hearts. When the Holy Spirit makes us aware of our 1) sinful nature that deserves death, 2) God’s amazing love, 3) , righteousness, and 4) judgements, we cannot help but feel how unworthy we are. The only outcome of true biblical knowledge that transforms our hearts make us humble. We love because God first loved us (1 John 4:19). Although we are often unfaithful, God is always faithful (2 Timothy 2:13). We stand righteous before God because we believe that is Jesus’ death on the cross that covers our sins (John 3:16; Romans 3:22; 2 Corinthians 5:21). Finally, we all know that because of our sin, we deserve the judgment of death. However, God became man to take our sentence of death for us (Romans 6:23). It is not our bankrupt self-righteousness that makes us righteous but only Christ’s righteousness, paid by His blood, that restores our broken relationship with our Father.

 

            As we humble ourselves, David reminds us of God’s steadfast love three times! God’s saving steadfast love, faithfulness, righteousness, and judgements extend over all His creation (vv. 5-6). God’s steadfast love is 1) a refuge under His wings, 2) feast of abundance in His house, 3) drink from His river of delights, 4) fountain of life, and 5) our light which is His light (vv. 7-9). The final verses pleads to God to continue His steadfast love to those that know Him. David asks for “. . . righteousness to the upright of heart.” He pleads to God “Let not the foot of arrogance come upon me” (vv. 11). David is pleading to God to keep him humble. David is begging to God to keep his heart humble! David is begging God to keep him humble and not let him fall to the ways of the wicked. Arrogance and pride will make us fall, unable to rise. Let us strive to be humble as one body, loving one another, brothers and sisters.

 

            Thank you father once again for your Word. As we read Your word, please let Your Word transform our hearts and make us humble. No matter how much we study about You Lord, let us never forget that we only know what You chose to reveal to us. Thank you for Your steadfast love, faithfulness, righteousness, and judgements Father. Although we all deserve death, thank you father for sending your Son Jesus Christ, who stood in our place to pay our penalty of our sins through His death, so we can be reconciled with You. Again, like David once prayed to you, we also beg You, by Your grace, to please keep our hearts humble. When we do stumble on our pride and self-righteousness, we ask that you send our Holy Spirit to change our hearts to become humble. Let Your will be our will Father. I love You Father. In Jesus Name I pray, Amen.

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱