• HCCnichigo

2021年1月9日ディボーション

列王記一 18章

『エリヤの信仰の熱量』


学び: 


”主のことばに始まり、主のことばを聞き、主のことばに生きる人”――前日、17章の記者はエリヤをこう称えた。新約のヤコブは、エリヤは”祈りの人”だといった。(ヤコブの手紙5:17、18)。

 18章でエリヤは、主のことばに従い、カルメル山で異教のバアル預言者たちと対決した。預言者らは狂乱してバアルの神が現れることを祈ったが何も起こらなかった。かたやエリヤは祭壇を修復して整え、祈った。すると主の火が降った。

18:39「民はみな、これを見てひれ伏し、「主こそ神です。主こそ神です」と言った。

 そしてエリヤはひとりカルメル山の頂上に登り、地にひざまずいて自分の顔を膝の間にうずめて祈った。

 エリヤは”祈りを実現する人”なのだ。


 2年前にチャーチの仲間と、マタイの福音書を中川健一氏のテキストで学んだ。その時マタイ11:14に「来たるべきエリヤ」と記されている意味が分からなくて、聖書の欄外注釈を頼りに列王記を読んだ。

 そしてイエスさまが再臨のとき、エリヤも従えて来るという解釈だと知った。え、随行員?ほんと? びっくりした。

 マタイ17:11でもイエスさまは「エリヤが来て、すべてを立て直します。」と言っておられる。中川先生のマタイクラスでは、ユダヤ人たちは今でも、過越の食事で、エリヤのための椅子を用意する習慣があることも教わった。あの学び、懐かしいなあ。

 エリヤが列王記に登場する17章と今日の18章はかみしめてなん度でも反芻したくなる。2章を続けて一気読みすると、エリヤの輪郭がより鮮明になる。

18:15「私が仕えている万軍の主は生きておられます。」

18:18「私はイスラエルにわざわいをもたらしてはいない。あなたとあなたの父の家こそそうだ。」

 主を信頼し、主のことばに生きて、イスラエルの信仰の回復への道を実現していくエリヤ、この先の列王記もじっくりたっぷり味わいたい。


祈り:


 わが主、わが神、エリヤを遣わしてくださってありがとうございます。エリヤのように主のことばに完璧に従い、それを実現するdoingをまのあたりにすると信仰の真摯さ、純度を考えずにはいられません。

 エリヤみたいな信仰の強さに出会ったとき、同じアクションはとても真似できないから、今はただ読むだけ、反芻するだけ、黙想するだけのbeingの状態になります。でもフリーズじゃない、エリヤの信仰の熱量はチャージしました。

 エリヤを遣わせてくださって感謝だなあという、今日はお礼の祈りです。ありがとう神さま!ハレルヤ!

18回の閲覧

最新記事

すべて表示

2021年1月31日ディボーション

Ⅱ列王記18章 18章9、10節「ヒゼキヤ王の第四年、イスラエルの王エラの子ホセアの第七年に、アッシリアの王シャルマネセルがサマリアに攻め上って来て、これを包囲し、三年後にこれを攻め取った。すなわち、ヒゼキヤの第六年、イスラエルの王ホセアの第九年に、サマリアは攻め取られた。」 この箇所は、歴史的な出来事が記されている。つまり北イスラエル王国が滅亡したということだ。その前から、少しづつ王国は削られて

2021年1月30日ディボーション

II列王記17章 『旧約の神さまの痛み』 ●学んだこと: アブラハムから始まったイスラエルの歴史、その終焉の章である。 カナンの地でヤコブがイスラエルの名を拝したのは、史実としては紀元前1700年ごろ。飢饉から逃れてエジプトに移住、一族は12部属に分かれて子孫を増やした。そして神さまが遣わしたモーセが、エジプト脱出を救済。それが前1280年ごろ。 この章でのできごとは前722年ごろのことだから、イ

2021年1月29日ディボーション

列王記 第二 16章 『まことの神に信頼する』 ここに登場するのは、南ユダ王国12代目の王様アハズだ。彼のことは、2~3節にまとめられている。16章は悲しきかな、主なる神様からどんどんと離れていき堕落していくアハズ王の様が描かれている。 振り返れば、イスラエル王国が分裂して、もう約200年になる。もともとは一つの国、主の民だったのに、今では互いに争っている。 そのような争いの中で、アハズはついにア

​【お問合せ先】

お問合せメール:

  ⇒「こちら」をクリックして下さい。

住所: 2207 Oahu Avenue, Honolulu, HI 96822  U.S.A.

 

電話:808-973-4335

© 2020 by Honolulu Christian Church Nichigobu . Proudly created with Wix.com