top of page
  • HCCnichigo

2021年1月9日ディボーション

列王記一 18章

『エリヤの信仰の熱量』


学び: 


”主のことばに始まり、主のことばを聞き、主のことばに生きる人”――前日、17章の記者はエリヤをこう称えた。新約のヤコブは、エリヤは”祈りの人”だといった。(ヤコブの手紙5:17、18)。

 18章でエリヤは、主のことばに従い、カルメル山で異教のバアル預言者たちと対決した。預言者らは狂乱してバアルの神が現れることを祈ったが何も起こらなかった。かたやエリヤは祭壇を修復して整え、祈った。すると主の火が降った。

18:39「民はみな、これを見てひれ伏し、「主こそ神です。主こそ神です」と言った。

 そしてエリヤはひとりカルメル山の頂上に登り、地にひざまずいて自分の顔を膝の間にうずめて祈った。

 エリヤは”祈りを実現する人”なのだ。


 2年前にチャーチの仲間と、マタイの福音書を中川健一氏のテキストで学んだ。その時マタイ11:14に「来たるべきエリヤ」と記されている意味が分からなくて、聖書の欄外注釈を頼りに列王記を読んだ。

 そしてイエスさまが再臨のとき、エリヤも従えて来るという解釈だと知った。え、随行員?ほんと? びっくりした。

 マタイ17:11でもイエスさまは「エリヤが来て、すべてを立て直します。」と言っておられる。中川先生のマタイクラスでは、ユダヤ人たちは今でも、過越の食事で、エリヤのための椅子を用意する習慣があることも教わった。あの学び、懐かしいなあ。

 エリヤが列王記に登場する17章と今日の18章はかみしめてなん度でも反芻したくなる。2章を続けて一気読みすると、エリヤの輪郭がより鮮明になる。

18:15「私が仕えている万軍の主は生きておられます。」

18:18「私はイスラエルにわざわいをもたらしてはいない。あなたとあなたの父の家こそそうだ。」

 主を信頼し、主のことばに生きて、イスラエルの信仰の回復への道を実現していくエリヤ、この先の列王記もじっくりたっぷり味わいたい。


祈り:


 わが主、わが神、エリヤを遣わしてくださってありがとうございます。エリヤのように主のことばに完璧に従い、それを実現するdoingをまのあたりにすると信仰の真摯さ、純度を考えずにはいられません。

 エリヤみたいな信仰の強さに出会ったとき、同じアクションはとても真似できないから、今はただ読むだけ、反芻するだけ、黙想するだけのbeingの状態になります。でもフリーズじゃない、エリヤの信仰の熱量はチャージしました。

 エリヤを遣わせてくださって感謝だなあという、今日はお礼の祈りです。ありがとう神さま!ハレルヤ!

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page