top of page
  • HCCnichigo

2020年12月15日ディボーション

新約聖書:へブル人への手紙6章

『成人したクリスチャン』

前の章から続いていますが、大祭司のイエス・キリストから多くの事を学び、霊的経験から良いものと悪いものをより分ける事が大切です。これが分かったクリスチャンは成長を目指して歩みましょうと著者は書いています。

初心者が学ぶような事ばかりに留まらないで、次のステップへ進みましょう。そうしましたら、成長に大事な恵みが自然と付いて来ます。

但し、その事を知った上で堕落したクリスチャンは救いが残されていないのです(5~8節)。私たちはしっかりと自分の畑を耕しているでしょうか? 畑に実がなっていますか? それともいばらやあざみが生えていますか?

ここで大事なのは、主と共にどのような生き方をしていますかと問われています。怖い事ですが、これは脅しでは無いのです。

私たちは完全な人間ではありません。失敗もしますが、神様の為に愛を持ってつながり続けるのなら、耕された畑にやがて実が結ばれるのです。その望みを持ち続けましょう。なぜならあなたの労苦をイエス様はご存知で共に背負っておられるからです。それが、大祭司であるイエス様の働きなのです。感謝します。


●お祈り

天のお父様、成人したクリスチャンの事を読み、色々と教えられます。もし許されるならいつまでも初心者のところで留まっていないで、この著者のようにクリスチャンの成長を目指して進みます。

 進んでは後退しているような事もありますが、イエス様が共に歩いておられ、苦労を知っておられることを感謝します。一人でも多くの人が神さまの心を持ってしっかりと信仰によって立っていかれるよう助けて下さい。励まして下さい。

どうか全ての人が主にあって、約束のものを手に入れる事が出来ますようにお願いします。イエス様の御名によってお祈り致します。

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

2023年7月23日 へブル人への手紙13章

「私たちはイエスを通して、賛美のいけにえ、御名をたたえる唇の果実を、絶えず神にささげようではありませんか。」15節(抜粋) へブル人への手紙の結びの13章で示されたことは15節の「賛美のいけにえ」だった。私たちはイエスの血潮の贖いによって動物や穀物などのいけにえをささげなくても済むようになった。私たちが神にささげるいけにえは心からの賛美である。 賛美とは、教会だけで歌うことではない。賛美とは礼拝で

2023年7月22日 へブル人への手紙 12章

4節~6節「あなたがたは、罪と戦って、まだ血を流すまで抵抗したことがありません。 そして、あなたがたに向かって子どもたちに対するように語られた、この励ましのことばを忘れています。 「わが子よ、主の訓練を軽んじてはならない。 主に叱られて気落ちしてはならない。主はその愛する者を訓練し、 受け入れるすべての子に、 むちを加えられるのだから。」」 私は以前、主に叱られると(別の訳では「懲らしめ」)気落ち

2023年7月21日 へブル人への手紙11章

『信仰とは?』 「さて、信仰とは、望んでいる事柄を確認し、まだ見ていない事実を確認することである。」(1節)と信仰の定義がまず示される。そして旧約聖書に登場する信仰者たちの具体例が挙げられていますが、この代表的な信仰者たちは皆、神様の約束を信頼した人々です。「昔の人たちは、この信仰のゆえに賞賛された」(2節)。 でも、神の存在を認めるだけでは信仰全体の半分までしか進んでいません。もう半分は6節の後

bottom of page