top of page
  • hccnichigo

2020年11月14日ディボーション

テトスへの手紙 2章


●ディボーション大失敗


 広島県くらいの大きさのクレタという島は、ヨーロッパで最初の古代文明が栄えた歴史ある島だ。地形もユニークで、島は細長くて高い山が点在し、村々は分在して、異なる文化や風習が色濃く残っていたのだろう。

「クレタ人はいつも嘘つき、悪い獣、怠け者の大食漢。」(テトス1:12)

だから彼らを厳しく戒めて、その信仰を健全にしなければならない。と、パウロはテトスに忠告する。 なんか、先住民に対して上から目線だなあ。それともグノーシス主義への警戒?

 テトスへの手紙には、”健全“ということばが多い。2章1も、「しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを語りなさい」という“健全”から始まる。2章だけでも3回も出てくるほどだ。

 健全な教えってなに??? 実は、答えは昨日13日のディボーション“After”にある。

 いろんな偶然が重なって、ディボーションの順番が逆になってしまったおかげで、私は正解を先に知り、上から目線というパウロに対する偏見は早い段階で修正できた。

 そして思った。ディボーションって、章で区切るのではなく、自分がある程度納得できるところまで、読み進んでもいいんじゃないかな。

 さらにあらぬことも妄想してしまった。関先生もパウロみたいに、テトス似の牧人先生に、牧会のHow to 指南をしているのだろうか? 年配の男の人にはこう語るんだよ、若い人にはこうだよ。なめられんなよ、とか。

 あ~~~本日のディボーション失敗!! 肉の私が調子に乗ってツッコミを入れると、ディボーションは脱線してしまう。一期一会のみことばとの出会いを台無しにしてしまった。

 衝動的に反応するのではなく、鎮まって慎んで深呼吸して、心をニュートラルに神さまに向き合うのだ。

 明日は章を読み進むのではなく、2章にとどまってみことばを聴き直そう。


●祈り

 神さまごめんなさい。神さま発信ではなく、自分受信を優先したために、みことばの交わりを失敗しました。あわれんでお赦しください。

 明日の朝、もう一度聖書を開きます。どうか自我を明け渡し、まっさらになって、あなたのみことばが聴けますよう、小さな私を整えてください。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

2023年7月9日 テトスへの手紙 3章

『良いわざ』 パウロは、この3章で良いわざを進んでする者について述べている。 良いわざを進んでする者になるには、だれも中傷せず、争わず、柔和で、すべての人にあくまで礼儀正しい者となるようにしなさいと語っている。優しいようで大変むずかしいことである。中傷、争い、柔和は私たちが生きていく上で絶えず真向から対処しなければならない課題である。かつてのパウロは、中傷して、争い、柔和でない者でした。そのような

2023年7月8日 テトスへの手紙 2章

テトスへの手紙は、イエスキリストを信じるクリスチャンでありながら、ギリシャ神話のゼウスをとりいれた偽指導者により、真実の神さまと混合してしまい、クレタにある教会の信者たちの生活が乱れてしまっていたようです。 そこで、パウロは絶大な信頼を寄せているテトスへ、誤った教えを正し、イエスキリストの教えを生活の中で実践することを手紙に書き、教会の成長と神さまの栄光があらわされることを期待しました。 「しかし

2023年7月7日 テトスへの手紙 1章

テトスへの手紙は、パウロが宣教旅行中に開拓したクレテ島での教会を監督するようにとそこに残してきたテトスを励ますために書かれました(5節)。この手紙でパウロは教会監督者たちを選ぶ際、どのような人物がそれに適しているのかを、またクレ執筆し、クレテ人たちがどのような人々なのかにも注意を向けています。「クレテ人のうちのある預言者が「クレテ人は、いつもうそつき、たちの悪いけもの、なまけ者の食いしんぼう」と言

Commenti


bottom of page