• HCCnichigo

2020年11月14日ディボーション

テトスへの手紙 2章


●ディボーション大失敗


 広島県くらいの大きさのクレタという島は、ヨーロッパで最初の古代文明が栄えた歴史ある島だ。地形もユニークで、島は細長くて高い山が点在し、村々は分在して、異なる文化や風習が色濃く残っていたのだろう。

「クレタ人はいつも嘘つき、悪い獣、怠け者の大食漢。」(テトス1:12)

だから彼らを厳しく戒めて、その信仰を健全にしなければならない。と、パウロはテトスに忠告する。 なんか、先住民に対して上から目線だなあ。それともグノーシス主義への警戒?

 テトスへの手紙には、”健全“ということばが多い。2章1も、「しかし、あなたは健全な教えにふさわしいことを語りなさい」という“健全”から始まる。2章だけでも3回も出てくるほどだ。

 健全な教えってなに??? 実は、答えは昨日13日のディボーション“After”にある。

 いろんな偶然が重なって、ディボーションの順番が逆になってしまったおかげで、私は正解を先に知り、上から目線というパウロに対する偏見は早い段階で修正できた。

 そして思った。ディボーションって、章で区切るのではなく、自分がある程度納得できるところまで、読み進んでもいいんじゃないかな。

 さらにあらぬことも妄想してしまった。関先生もパウロみたいに、テトス似の牧人先生に、牧会のHow to 指南をしているのだろうか? 年配の男の人にはこう語るんだよ、若い人にはこうだよ。なめられんなよ、とか。

 あ~~~本日のディボーション失敗!! 肉の私が調子に乗ってツッコミを入れると、ディボーションは脱線してしまう。一期一会のみことばとの出会いを台無しにしてしまった。

 衝動的に反応するのではなく、鎮まって慎んで深呼吸して、心をニュートラルに神さまに向き合うのだ。

 明日は章を読み進むのではなく、2章にとどまってみことばを聴き直そう。


●祈り

 神さまごめんなさい。神さま発信ではなく、自分受信を優先したために、みことばの交わりを失敗しました。あわれんでお赦しください。

 明日の朝、もう一度聖書を開きます。どうか自我を明け渡し、まっさらになって、あなたのみことばが聴けますよう、小さな私を整えてください。

 イエスさまのお名前で感謝して祈ります。アーメン

28回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年11月30日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 15章 『ダビデ、泣きながら悔い改める』 26節「もし主が『あなたはわたしの心にかなわない』と言われるなら、どうか、主が良いと思われることをこの私にしてくださるように」 ●学んだこと、感じたこと 世の中様々な人がいる。その中でも人の助言に耳を開く人とそうでない人がいる。後者はダビデのように、痛い目に遭わないと自分が犯した罪に気がつかない。私もかつてはそうだった。 ダビデの

2020年11月29日ディボーション

サムエル記第二 14章 『ダビデもやっぱり親バカだった』 14節「神は命を取り去れられるのではなく、追放された者が神から投げ出されないように道を考えてくださいます」 ●語られたこと 出来の悪い子ほどかわいい、と良く言うがダビデもやはり同じだったようだ。異母弟を殺したアブサロムは父の怒りを恐れて逃亡生活に入る。(13章38節)しかしダビデは王である前にアブサロムの父として、彼に会いたいと思っていた。

2020年11月28日ディボーション

旧約聖書 サムエル記第二 13章 『王室スキャンダル』 触れられたこと: 昨日は投稿された12章のディボーションを想いながら、感謝祭の一日を過ごした。 それは書き出しから単刀直入に、神さまの前に心を注ぎだしていた。 「バテ・シェバが誰よりも苦しかったと思う。」と。 「ダビデ王ばかりがピックアップされているが、私にはバテ・シェバの悲しみ、苦しみが痛切に伝わってくる。」のだと。 “痛切”は、一瞬の感覚