top of page
  • hccnichigo

2024年3月31日 士師記4章

 3番目の士師であるエフデが死んだら、イスラエルの子らは再び主の目に悪であることを重ねて行った。主は、再び彼らをカナンの王ヤビンに売り渡されたのである。二十年の間、その支配下に置かれたのである。すると、イスラエルの子らは例のごとく主に叫び求めたのである。主は、四番目の士師(救助者)を遣わされたのである。主の愛と忍耐は永遠に尽きないものであることがつたわってきます。


 第四の士師は、二人の女性であった。一人は、女預言者デボラで、もう一人はナフタリ族の勇士であるバラクである。聖書のなかで女性が重要な役割で遣わされるのはこの章がはじめてではないかと思います。なぜなら当時の女性の地位は非常に低く、弱かったと言われていたからです。しかし、主は弱いものをあえて用いられたのである。


 主が彼らと共におられたので、二人の女性の士師たちは敵を打ち破ったのである。ヤビンの軍の長であるシセラ将軍は特に強く、戦車を九百両も所有していたのできっと自信満々だったと思う。現実的にみていると決して勝ち目はなかったと思います。だが、そのようなものは、主の前では何の役にもたたないということです。二人の勇敢な女性の士師たちが勝利を手にすることができたのは、敵を恐れず、主が共におられるという強い確信を持つことができたためであったのです。


 さらに、この章で女性が活躍したのはもう一人いたのである。逃げ延びたシセラ将軍を打ち取ったのはヤエルという女性だったのである。強い将軍と言われていた人がいともたやすく弱い女性の手によって打たれたのである。すべては、主が共におられたからである。



 愛する天の父なる神さま。主は、弱い女性でもあなたのために用いられるということを知り感謝します。私たちは、弱いからもっともっとあなたの存在に触れるようになりたいです。なぜなら、「わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである。」の御言葉を信じていますから。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page