top of page
  • hccnichigo

2023年1月25日 ディボーション

コリント人への手紙 第二 6章  

 

“Christ’s Yoke or the Devil’s Yoke, the Choice is Yours”

 

 今日の焦点は、第二コリント6章14節から18節です。パウロは引き続き、厄介なコリント教会の様々な問題を取り上げています。周知のように、キリストの弟子たちがキリストのくびきを自分に負うとき、彼らは完全にキリストだけに自分を服従させます。

 マタイ11章28節から30節で、イエスはすべての人に呼びかけています。「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(新改訳2017)。

 残念ながら、私たちはこの地上に住んでいるため、クリスチャンは未信者の中で暮らさなければなりません。実際、私たちはこの暗い世にあって光となるように召されています(マタイ5:14)。

 キリストの弟子たちはこの世の中で生活しているので、この世の中にある悪い道にさらされることになります。第二コリント14章で、パウロはコリントの信徒たちに、不信仰者のやり方に巻き込まれることなく、キリストに忠実であり続け、キリストが彼らのくびきを導いてくださるように懇願しています。

 キリストの弟子たちは、イエスに、そしてイエスだけに、自分たちのくびきを導いてもらうことを選択しなければなりません。だから、パウロはこの6章で、「正義と不法に何の関わりがあるでしょう。光と闇に何の交わりがあるでしょう。キリストとベリアル[サタン]に何の調和があるでしょう。信者と不信者が何を共有しているでしょう。神の宮と偶像に何の一致があるでしょう。」(4-16節) と語っています。

 パウロは対照的な言葉を用いています。それは、イエスとくびきを共にする他の力を許すと、キリストの弟子とされる人が、義と律法、光と闇、キリストとサタンの両方に支配されるという厄介な事態に陥るからです。その解決策は、これらの影響から自分を切り離すことです。もちろん、パウロは未信者から自分を隔離するように命じているわけではありません。しかし、私たちは彼らのやり方から離れなければなりません。私たちの体は聖霊の神殿ですから、私たちは聖霊に、そして聖霊だけに、その神殿への出入りを許さなければなりません。

 私たちは、すべての汚れた世俗的、悪魔的な影響から自分を守らなければなりません。しかし、17節と18節で明らかなのは、私たちはイエスに従うこと、そしてイエスだけに従うことを選ばなければならないということです。イエスに従うことを選んだ者だけが、神の息子、娘と呼ばれるのです。その選択は、私たち全員に任されているのです。死を選ぶか、イエスを選ぶかです。

 

 父なる神さま、今日の御言葉をありがとうございます。あなただけが神です。あなただけが神です!

 あなただけが私たちの称賛と礼拝に値します。私たちの創造主であるあなただけが、私たちにとって何が最善であるかを知っています。ですから、生きるに値する唯一の人生は、あなたの御心に完全に服従する人生です。主よ、私たちはあなたに全幅の信頼を置いています。私たちはあなたの御心とあなたのくびきに完全に従順でありたいと思います。

 ですから、父なる神さま、どうか私たちが他の誰でもなく、キリストのくびきに対して従順であり続けることができるように助けてください。ありがとうございます。

 私たちはあなたを愛しています、父なる神さま。In Jesus’ Name we pray, amen.

 

 

Today’s focus will be on 2 Corinthians 6:14-18. Paul continues to address the various problems in the troublesome Corinthian church. As it should be known, when disciples of Christ take on Christ’s yoke upon themselves, they completely submit themselves to Christ and Christ only. In Matthew 11:28-30, Jesus calls to all: “Come to me, all who labor and are heavy laden, and I will give you rest. Take my yoke upon you, and learn from me, for I am gentle and lowly in heart, and you will find rest for your souls. For my yoke is easy, and my burden is light”

(Matthew 11:28-30 ESV). Unfortunately, because we live on this earth, Christians must live among unbelievers. In fact, we are called to be the light in this dark world (Matthew 5:14). Because disciples of Christ live among unbelievers, they are exposed to the evil ways of the unbelievers. In 2 Corinthians 14, Paul is pleading with the Corinthian congregation not to be yoked by the ways of the unbelievers, but to remain faithful to Christ, and allow Christ to guide their yoke. Disciples of Christ must choose to allow Jesus, and Jesus only, to guide their yoke. This is why Paul also says in this verse, “what partnership has righteousness with lawlessness? Or what fellowship has light with darkness? What accord has Christ with Belial [Satan]? Or what portion does a believer share with an unbeliever?  What agreement has the temple of God with idols?”(2 Corinthians 6:14-16)? Paul uses contrasting words because allowing some other force to share the yoke with Jesus will result in a messy situation where a supposed disciple of Christ allows himself to be controlled by both righteousness and lawlessness, light and darkness, and Christ and Satan. The solution is to separate ourselves from these influences. Of course, Paul is not commanding us to isolate ourselves from unbelievers because we would have to leave the earth to do this. However, we must separate ourselves from their ways. Because our bodies are the temple of the Holy Spirit, we must allow Him, and only Him, access to His temple. We must guard ourselves against all unholy worldly and Satanic influences. What is clear in verses 17 and 18, however, is that we must choose to follow Jesus and only Jesus. It is only those that choose to follow Jesus that will be called sons and daughters of God. The choice is up to all of us: Choose death, or choose Jesus.

 

Thank You, Father, for today’s Word. You and You alone are God! You and You alone are worthy of our praise and worship. As our Creator, only You know what is best for us. Therefore, the only life worth living is life in complete submission to Your will. We place our complete trust in You, Lord. We want to be in complete obedience to Your will and Your yoke, Father. So please, Father, help us to remain obedient to Christ’s yoke, and no one else. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name, we pray, amen.

 

閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comentarios


bottom of page