top of page
  • HCCnichigo

2021年7月13日ディボーション

ヨブ記20章


『誰が分かり得ようか』


ナアマ人ツォファルは答えた。こうだから、苛立つ思いが私に応答させるのだ。私の心の焦りのゆえに。」1〜2節


 何が彼の思いを苛立たせるのか? 何が彼の心を焦らせるのか? 一番苦しいのは、当事者である友のヨブではないか。ヨブは叫んでいたではないか。

あなたがた、私の友よ。あわれんでくれ。私をあわれんでくれ。」19章21節


 それなのに、苦しみの絶頂から溢れるヨブの嘆き、それでもなくならない神への信仰に、ツォファルはヨブの心とは関係なしに、自分の言葉をヨブに押し返す。


 私はここから、自分は分かりきっていると思い込んでいることほど難しいことはない、と痛感させられている。ツォファルは、「悟りを与える霊が私に答えを促すのだ。」(3節)とまで言い切ってしまう。そして、苦難の当事者ヨブにまで、その答えを押し付けてしまう。

あなたは確かに知っているはずだ。」4節


 ツォファルが、自分は知っていると思い込んでいること…、それが5節にある。

悪しき者の喜びは短く、神を敬わない者の楽しみは束の間だ。

 そして、それからツォファルは、「彼は…」と苦しみのヨブと結びつけて、「これが悪しき人間が神から受ける分、神によって定められた、彼の受け継ぐものである。」(29節)と結論づけてしまう。


 人の持つ愚かさに恐怖さえ覚えてしまうのは、私だけだろうか。誰が知れるだろうか? 誰が分かりきれるだろうか? 今ここで苦難の絶頂にあるこの人のことを。


天のお父様、

理解できないことに直面しても、自分は知り得ているという罠にはまらないように、私の心を主よ、あなたがいつもご支配ください。

たとえ、人間的に分からないことがあっても、いつも、あなただけを神とし、あなたをおそれ畏むことができますように。たとえ、そのような中であっても、そのままで神様あなたに全き信頼を置くことができますように。そして、そこから生まれる本物の霊的同伴を体験することができますように、私を守り導いてください。アーメン。

閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

2021年12月31日 ディボーション

詩篇第五巻 121篇 『主はあなたを守る方』 今、不安な日々を過ごしている人、深い悲しみに打ち沈んでいる人、思うようにならなくて焦っている人、どれほど頑張っても満足が得られない人、悲観的なものの見方しかできない人、過去の傷の痛みを引きずったままの人、怒りの感情をうまく処理できずに苦しんでいる人、自分は誰かの重荷でしかないと感じる人、この世から消えてしまいたいと思っている人たちへ、聖書の御言葉が伝わ

2021年12 月30日 ディボーション

詩篇第五巻 120篇 “Lord, Fill Us With Your Truth!” 詩篇120篇は、120篇から134篇までの15の詩篇のうち、「都上りの歌」と呼ばれる詩篇の最初のものです。英語の"Ascents "という言葉は、「高いところへの旅 」という意味です。 非常に短い詩編ですが、基本的には4つの部分に分けることができます。1節では、過去にヤハウェがどのように祈りに答えてくださったか

2021年12月29日 ディボーション

詩篇第五巻 119篇 「主よ 私の叫びが御前に近づきますように。あなたのみことばのとおりに 私に悟り を与えてください。」(169節) 誰でも災難に遭うのが分かっているのに、それに向かって進むのは嫌だ。しかし信 仰によって立つと言うことは私の不安は二の次にして、主が守ってくださる事を信じて 突き進むことにあるのだと思う。 『前科者』と言う新米保護師のドラマを見て、同じ社会奉仕をしていた祖父の事を

bottom of page