top of page
  • hccnichigo

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと


 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。

 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知らされて神から離れなくてすんだと思う。その証しにボアズがルツにやったことを聞いてその場でボアズのことを[祝福されるように]と祈るナオミの信仰の深さがそこにあった。もし、ナオミが神から離れてしまっていたら他者の為にその場で祈れなかったと思う。ルツをあえてナオミから離さなかったのも神様の御計画の一つだったと思う。

 又、ボアズもルツのことを聞き彼女の姑への愛の行動に心を動かせれて、ルツに優しい思いやりの行動をとったのではないかと思う。ボアズのその行いも神からくる深い信仰だとおもわされた。

 この三者(ナオミ、ボアズ、ルツ)を通して私に語られたことは、

[神を愛するように他者を愛する.]ことだった。


 愛する天のお父様、あなたの御名を心から賛美します。

ルツ記をとおして、[他者を愛する]ことを語って下さってありがとうございます。そのことを忘れてしまいがちになります。そういう時はどうか私の心にふれて下さい。きずかせて下さい。助けて下さい。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

2024年4月21日 ルツ記4章

『買い戻し』 ルツ記も終わりの章となった。実に心が洗われるようなハッピーエンドと言っても過言ではない光景である。 ルツ記一章21節でナオミが悲しみに打ちひしがれて女たちに言った言葉が、「私は出て行くときは満ち足りていましたが、主は私を素手で帰されました。」(抜粋)ここで大逆転のことばに代わるのである。14節~15節で、「女たちはナオミに言った。『主がほめたたえられますように。主は、今日あなたに、買

2024年4月20日 ルツ記3章

この章でまず目を引くのはルツの再婚を気にかけるナオミのアドバイスだ。今夜大麦のうち場にボアズが大麦をふるいにかけに来るだろうから、からだを洗って油を塗り、晴れ着を着てうち場に行くように勧めるのだ。そして、ボアズが寝るとき、その足元をめくって、そこで寝なさいというのだ。それがたとえ求婚のスタイルだとしても、普通に考えたらだいぶ非常識で、それを行うには相当勇気が必要だったと思う。でも、ルツはナオミのい

2024年4月19日 ルツ記2章

『姑ナオミとルツ、そしてモアブ』 前章で、「あなたの民は、私の民、あなたの神は私の神です。」と懇願して、姑ナオミと一緒にベツレヘムに戻ってきたルツは、二人が生活していけるように、畑に出かけ、落ち葉拾いを始めます。でかけた畑は、奇しくも、ナオミの近親の者で、しかも買戻しの権利のある親類の一人のモアブの畑でありました(1~3節)。 前書士師記に、「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に

Comentários


bottom of page