• HCCnichigo

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと


 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。

 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知らされて神から離れなくてすんだと思う。その証しにボアズがルツにやったことを聞いてその場でボアズのことを[祝福されるように]と祈るナオミの信仰の深さがそこにあった。もし、ナオミが神から離れてしまっていたら他者の為にその場で祈れなかったと思う。ルツをあえてナオミから離さなかったのも神様の御計画の一つだったと思う。

 又、ボアズもルツのことを聞き彼女の姑への愛の行動に心を動かせれて、ルツに優しい思いやりの行動をとったのではないかと思う。ボアズのその行いも神からくる深い信仰だとおもわされた。

 この三者(ナオミ、ボアズ、ルツ)を通して私に語られたことは、

[神を愛するように他者を愛する.]ことだった。


 愛する天のお父様、あなたの御名を心から賛美します。

ルツ記をとおして、[他者を愛する]ことを語って下さってありがとうございます。そのことを忘れてしまいがちになります。そういう時はどうか私の心にふれて下さい。きずかせて下さい。助けて下さい。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月3日ディボーション

ルツ記3章 教えられたこと 神の御心が成されていく美しいストーリーに魅了される。この章は、ルツのボアズに対するプロポーズの箇所である。ルツは、どのような思いでボアズのもとへ行っただろうか? 姑ナオミと共に生きる中で、真の神を知り、神の道をナオミと共に歩むルツ。奇跡的なボアズとの出会い、神の導き、信頼するナオミの言葉…これらが相重なるようにして、ルツは買い戻しの権利を持つボアズにプロポーズをした。

2020年10月1日ディボーション

ルツ記 4章 ルツ記は、暗黒の士師の時代にあって、そこにも希望の光はあるということを示してくれる。聖書の書かれた目的は、イエスがキリスト(救い主)であることを示すためである。このルツ記の中にも、そのことが示されている。 *買い戻しの権利、これは「贖い」とも訳せる言葉だ。ボアズがナオミの土地を買い戻したのだが、ボアズ側には何の利益もない、そればかりかすべてを失うリスクもある。ボアズの行為は、見返りを

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章 「神とボアズさんとの出会い」 士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。 その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な