• HCCnichigo

2020年9月29日ディボーション

旧約聖書:ルツ記2章

「神とボアズさんとの出会い」

 

士師記の時代に起こった話です。 ベツレヘムに住んでいたナオミさん家族は飢きんのためにモアブ(今のヨルダン)の野に移り住んだというのです。 そこで新しい生活を始めましたが、息子二人は死に嫁が残りました。 その中で残った母ナオミさんと、嫁のルツさんはユダに戻り新しい生活を始めました。

その当時のイスラエルは、男性中心で女手だけで暮らすのは非常に困難な時代でした。 幸いナオミさんには、ボアズさんという裕福な親戚がいました。

聖書の教えにしっかりと従って暮らしていたボアズさんと、姑の文化に従った嫁のルツさんの感動的な話です。


●教えられたこと

ナオミさんの人生は不幸な連続でした。 夫が死に、息子も死に、ナオミさんは人生の不幸を背負った人生でしたが、神様は一つの希望を与えられました。 それが外国人である嫁のルツさんです。

ナオミさんは以前持っていた家族、財産をすべて失い、何も残されてはいませんでした。 しかし、ナオミさんは信仰を決して捨てませんでした。 その信仰により、嫁のルツさんを通して幸せの人生を再スタートするのでした。 それが親戚のボアズさんとの出会いだったのです。 そしてその続きはイエス様の誕生です。


●お祈り

天のお父様、「生きている者にも、死んだ者にも、御恵みを惜しまれない主」とあなたをナオミさんが信仰告白で来たことを感謝します。 不幸の連続の中でもあなたに希望を持っていたナオミさん、そしてそれを支えたルツさんのストーリーにはいつも感激します。

今は、生きている者にも死んだ者にも恵みを惜しまれない主はイエス様だと教えて下さり感謝します。 その恵みがあったからこそ、あなたが誕生し、私たちがその真実の中を今も生きておられる事を感謝します。 どうかこの天のお父さんの愛を捜し、見つけ出し、聖書の世界に生きる人が多く与えられる様に助けて下さい。 今日も一日、ルツさんのような出合いを私に、あなたに与えて下さい。 お願いします。 イエス様の御名によりお祈りします。

19回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月3日ディボーション

ルツ記3章 教えられたこと 神の御心が成されていく美しいストーリーに魅了される。この章は、ルツのボアズに対するプロポーズの箇所である。ルツは、どのような思いでボアズのもとへ行っただろうか? 姑ナオミと共に生きる中で、真の神を知り、神の道をナオミと共に歩むルツ。奇跡的なボアズとの出会い、神の導き、信頼するナオミの言葉…これらが相重なるようにして、ルツは買い戻しの権利を持つボアズにプロポーズをした。

2020年10月1日ディボーション

ルツ記 4章 ルツ記は、暗黒の士師の時代にあって、そこにも希望の光はあるということを示してくれる。聖書の書かれた目的は、イエスがキリスト(救い主)であることを示すためである。このルツ記の中にも、そのことが示されている。 *買い戻しの権利、これは「贖い」とも訳せる言葉だ。ボアズがナオミの土地を買い戻したのだが、ボアズ側には何の利益もない、そればかりかすべてを失うリスクもある。ボアズの行為は、見返りを

2020年9月30日ディボーション

ルツ記2章を通して語られたこと 士師記の血生臭い所から、平安な気持ちにさせられるルツ記のところにきてほっとしている。ルツ記をデボーションする度に毎回心が洗われるような気持ちになってルツ記を読むことができる。 ナオミは最初は大変落ち込んだことでしょう。主人と二人の息子達を失った時に、[主は自分を卑しくして、全能者が自分を辛い目にあわせられた]と思っていた。でも、神様によってルツの優しさ、思いやりを知