2020年8月28日ディボーション

最終更新: 2020年10月5日

*聖書箇所[ヨシュア記 15:16,17,18,19]


そのときカレブは言った。「キルヤテ・セフェルを討って、これを攻め取る者に、私の娘アクサを妻として与えよう。」

カレブの同族ケナズの子オテニエルがそれを攻め取ったので、カレブは娘アクサを彼に妻として与えた。

嫁ぐとき、彼女は夫に、自分の父に畑を求めるようにしきりに促した。彼女がろばから降りると、カレブは「あなたは何が欲しいのか」と彼女に言った。

アクサは言った。「私にお祝いを下さい。ネゲブの地を私に下さるのですから、湧き水を下さい。」そこでカレブは上の泉と下の泉を彼女に与えた。



*黙想

カレブの娘であるアクサが、荒地であるネゲブへとお嫁に行くときに、父に求めたもの。それは、畑ではなく『湧き水』だった。そして父であるカレブは、娘に『上の泉と下の泉』を与えて下さった。

荒野における湧き水とは、いのちを繋ぐ、必要不可欠な最も大切なもの。上の泉と下の泉とは、上っていくときに備えられた癒しの泉であり、下っていくときにももそこに備えられたいのちの泉。


私たちの人生の歩みの中でも、山あり谷ありの荒野と感じるときもある。順風満帆の喜びの上り調子なときも、痛みや苦しみや悩みの中で下り調子だと感じる絶望なときも。だけど、天の父である神様は、そのような私たちのこと誰よりも理解し寄り添い、必要を与えて下さるお方。いのちの源であるお方。

だから上っていった喜びの中でも、下っていった先の暗闇の中でも、湧き出る泉のように、そこにいて、わたしと出会い、いのちを与えてくださるお方がいる。

そのことを思うとき、私の神様と出会った喜び溢れる体験と、自分の罪を知り悔い改めた十字架体験の、両方の出来事が思い浮かんできた。



*お祈り

天の父である神様。お父さん。

あなたの恵みを心から感謝します。

憐れみ深く、愛をもってわたしを新しいいのちをもって送り出して下さった神様。

荒野で静かにトクトクと湧き上がる泉の音をしっかり聴くように、あなたのかすかな声にも耳を澄ませて聴くことが出来ますように。

あなたを信頼して、この旅路を歩んでいくことが出来ますように。このいのちの恵みを感謝します。

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年8月31日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一、二章 「養う母と勧めをする父」 ☆語られた事、考えた事 本日、昨日とそれぞれ別の友人から似たような相談を受けた。「自分勝手な人」の話である。 現在ホノルルは3月からコロナウイルス蔓延を防ぐために行動制限が州全体で行われている。それにもかかわらず、自粛とは無縁の生活を行う妻を諌めたら泣かれたとの事。だからもう止められない。と言うカップルの話だった。 30才後半のカップル。

2020年8月30日ディボーション

テサロニケ人への手紙 第一 1章 「神に愛されている兄弟たちよ」 語られた事 皆さん、教会に初めて来た時。または初めて聖書の御言葉に触れた時の事を覚えていますか? そしてそれから1ヶ月間の間。あなたはどう変わりましたか? なんと、テサロニケの教会を作った人々はパウロの滞在した3週間の間に、主イエスの教えを信じて改心したのです。 テサロニケはギリシャ北東部、マケドニア地方で陸路、海路による貿易で栄え

2020年8月29日ディボーション

ヨシュア記24章 ヨシュア記もとうとう最終章である。 ここは世を去る日が近づいた民のリーダー、ヨシュアと残された民との最期の対話から始まる。ヨシュアは前半、神と民との前でイスラエルの歴史(ここまでの歩み)を語る。その後、何度も民に問うことばが私の心にも響いている。 「主に仕えなさい。」 ヨシュアはここで民を強制せず、彼らに選ばせている。そして、同時に彼は言う。 「私と私の家は主に仕える。」 それか