• HCCnichigo

2020年10月3日ディボーション

ルツ記3章


教えられたこと

 神の御心が成されていく美しいストーリーに魅了される。この章は、ルツのボアズに対するプロポーズの箇所である。ルツは、どのような思いでボアズのもとへ行っただろうか?

 姑ナオミと共に生きる中で、真の神を知り、神の道をナオミと共に歩むルツ。奇跡的なボアズとの出会い、神の導き、信頼するナオミの言葉…これらが相重なるようにして、ルツは買い戻しの権利を持つボアズにプロポーズをした。

 私は、その後のボアズの誠実な態度に、心打たれる。

 自分よりももっと近い、買い戻しの権利のある親類がいることを知っていたボアズは、13節「今晩はここで過ごしなさい。」と優しく声をかけて、自分の思いより、まず今日も生きておられる主がどのようにされるか「待つ」ことを選ばれた。

 そして、神の律法に忠実に協議を重ねて、ルツを妻として迎えたのである。神の御心に生きるとは、どういうことなのか、ここにある人間模様を通して、実に教えられる。

 私もボアズが発した「主は生きておられます。」という信仰にいつも立って、神の御思いの中を歩ませて頂きたい。


応答

天のお父様、

ルツ記を通して、あなたのご計画が鮮やかに成されていく真実を見せて頂いています。また、それは、そのご計画を生きる信仰者たちが誠実にあなたの前に生きたからです。

私も、「主は生きておられます。」という全き信仰に立って、あなたのご計画に身を委ねて、人生を全うすることができるように、お導きください。アーメン。

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

2020年10月31日ディボーション

サムエル記第一 18章~23章 ヨナタンとダビデの、つるまない友情 “聖書人名小辞典”には、3,500人の聖書に登場する人々が紹介されている。実際にはそれ以上なのだろうけれど、あまたいる登場人物の中で、ヨナタンほど無私で高潔で、神さまの愛をただただ従順に実践した人物はいないと思う(念のため、イエスさま以外で)。 「人が自分の友のためにいのちを捨てること、これよりも大きな愛はだれも持っていません。」

2020年10月30日ディボーション

サムエル記 第一 19、20章 ダビデとヨナタンの美しい友情 サウルはダビデを妬み、その思いは彼を殺意にまで至らせた。「妬み」という人の罪は、非常に恐ろしい。 しかし、そのようなダビデの危機迫る人生で、ダビデ自身を慰め、守ったのは、サウルの息子ヨナタンの存在であった。 18:1「ダビデがサウルと語り終えたとき、ヨナタンの心はダビデの心に結びついた。ヨナタンは、自分自身のようにダビデを愛した。」 1

2020年10月29日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記18章 「神から離れない」 神から退けられたサウル王は、精神的に病んでしまったようだ。極度の不安症から妄想に取りつかれてしまった。 それは「災いの霊」(悪い霊:共同訳)がサウルに臨んだからだ。(18:10)。ここで、神からの霊が悪い霊? という疑問がわくが、この解釈についてはここで触れない。 精神病の原因のすべてが悪霊によるとは、決して言えない。しかしサウルの場合は、神から退