top of page
  • HCCnichigo

2020年10月20日ディボーション

旧約聖書:1サムエル記9章

「指導者から王様へ」


 前の書から続きます。 イスラエルを導いた人々(モーセ、ヨシュア、さばき人)がこの世を去り、人々の信仰がしっかりしていれば創造主への信仰が続き流れていきますが、やがて天地創造主の事を知らない世代に交代していきます。

 それで国は乱れ、イスラエルの人々は、神よりも自分の国を治める王を求め始めました。 神さまはその考えを良しとして、イスラエル初の王さまを選ぶことになります。 それは民の祈り、預言者サムエルと神さまの交わりを通し、やがて来るべき王、サウルが神さまによって選ばれるという聖書の話です。


●教えられたこと

 人は自分の暮らしが良くなる様に王を求め、人を求めます。 そこには神さまの働きは欠かせません。 そこで忘れてはならない事は神さまを決して疎かにしてはいけないことです。 良い指導者や王が選ばれても、各個人がしっかりとした神への信仰心や愛を持って生きないと一時的な歴史で終わります。

 今回、サウルの選びはロバを通し、若者を通し、サムエルを通し素晴らしい出会いがあり実現しました。 私たち一人一人はこのように神によって用いられています。 ロバ、若者のように、娘たち、料理人と用いられ、神の祝福に繋がっていきました。 今の時代もこの世が終わり、イエス様が再臨されるまでの間、私たち一人一人は、今の大事な時間を生きて用いようとしておられるのです。 それはあなたが神に愛されているからです。


●お祈り

 天のお父様、感謝します。 何よりも私たち、一人一人を用いている神さまの働きが見えることです。 しかし、あなたを大事にしていかないと、あなたが働かれているのが分からない人生、神無しの人生を歩むのは寂しい事です。 どうか主よ。 私も、私たちも神の働きが見えるようにして下さい。 信じる人たちを喜びで満たして下さい。 又あなたのみ心が全ての人々に留まれ、喜べるチャンスを与えて下さい。 サウル王が、選ばれた時のように一緒に喜びが人々の中で広まりますようにお願いします。 イエス様の愛が、働きが共に喜べますようにお祈ります。 アーメン

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

2020年12月31日ディボーション

旧約聖書:1列王記9章 ソロモン王は、20年を費やして主の宮と王宮を完成させた。主の宮が完成した後、まずしたことが契約の箱を運び入れることであった。契約の箱は、まさに神がここに住まわれることの徴であり、臨在の象徴であった。主の宮とは、この契約の箱を運び入れるために造られたのだ。だから主の宮の奉献式において「主の栄光が主の宮に満ちた」(8:11)のである。そして9章においては、支配地域の整理を行い、

2020年12月30日ディボーション

第一列王記 8章 語られたこと: 主の契約の箱が、イスラエルの長老たち、部族のかしらたちと一族の長たちがソロモンのもとに召集して、幕屋から神殿に運ばれた。ダビデの時は契約の箱を運ぶ時は牛を使って運んだ(第二サムエル記6章6~7節)。運んでいる時に牛がよろめいたために、ウザは神の箱に手を伸ばして、それをつかんだために神の怒りがウザに向かって、その場で打たれた。 ソロモンは、主の契約の箱を運ぶ人達は誰

2020年12月28日ディボーション

旧約聖書 列王記第一6章 『480年目に七年かけて出来た主の宮』 「イスラエル人がエジプトの地を出てから四百八十年目、ソロモンがイスラエルの王となってから四年目のジブの月、すなわち第二の月に、ソロモンは主の家の建築に取りかかった」1節 ●学んだ事、語られた事 1節にサラッと「480年かけて…」と書かれ、そして2節では神殿の長さ60キュビト(1キュビト約50cmにて、約30m)、幅20キュビト(10

bottom of page