top of page
  • hccnichigo

2024年7月3日 サムエル記第二18章

 なんとダビデの息子アブサロムがクーデータを起こしたのです。ダビデは命からがら王宮を脱出し逃げます。この出来事は、ダビデのウリヤ殺害、バテシェバとの姦淫という罪に対する報いでした。「見よ。わたしはあなたの家の中から、あなたの上に災いを引き起こす。」(2サムエル12:11)と語られたことが成就したのです。


 しかし神は、ダビデを滅ぼすことはせずに、クーデターを阻止し、アブサロムを討ち取り、ダビデの王位を回復されたのです。

 このアブサロムの死が部下から知らされたとき、ダビデは嘆きます。

「わが子アブサロム。わが子アブサロムよ。ああ、私がおまえに代わって死ねばよかったのに。」(33)


 自らの命を狙ったクーデター首領であっても、わが子であることに変わらないのです。かといってみすみす殺されるようなことはしません。ダビデは、アブサロムに対抗し策を練り戦いました。しかし一方で、それでも「わが子」なのです。

 わが子を愛することは止められない、しかし戦わなければならない。ダビデは、この二つの矛盾する心を抱えていました。それがダビデの苦悩です。

 

 この心は、天の父の心に重なります。愛するひとり子イエスを十字架につけたのです。愛するわが子を裁かなければならないという葛藤、矛盾です。

 ダビデの嘆きを通して、天の父なる神の嘆きを想いました。この葛藤と矛盾を超えさせたのは、愛するひとり子イエスを十字架につけることで、人間を救うことができるという事です。それは愛です。愛がすべてを超えるのです。  

 

 天の父なる神さま。

 ダビデの嘆きに、天の父の嘆きを見ます。その葛藤、矛盾を超えて、イエスさまを十字架に架けられた、あなたの心を想います。十字架は、私たちを救うためであるという、あなたの愛を想います。

 今日も、すべてを超える、あなたの圧倒的な愛を受けていることを感謝いたします。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

                               文:関真士


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Kommentare


bottom of page