top of page
  • hccnichigo

2024年6月8日 サムエル記第一24章

 サウルはダビデを追い、そしてダビデはサウルから逃れるためにダビデの部下と共にエン・ゲディの荒野の洞穴に隠れています。そして偶然にもサウルがその洞穴に用を足すために入るのです。


 ダビデの部下たちは、これをサウルを殺す絶好の機会と思い、ダビデに『見よ、わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたの良いと思うようにせよ』と言われた、その日です。」(4節抜粋)と促すのです。しかし、ダビデはサウルを殺すのではなく、サウルの上着の裾を切り取るという行動をしたのです。


 ここで私ならば、敵対視されているサウルに殺される立場にいるわけですから、信頼している部下の言葉が神さまの言葉と聴こえ、殺してしまうことが正しいと思ってしまうでしょう。


 しかしダビデは、神さまに選ばれた者であるサウルを手にかけることは、神さまの意に反すると考えたのです。ダビデは、サウルを殺さず上着の裾を切り取ったことすら後悔するのです。


「後になってダビデは、サウルの上着の裾を切り取ったことについて心を痛めた。」5節


「彼は部下に言った。「私がに逆らって、に油注がれた方、私の主君に対して、そのようなことをして手を下すなど、絶対にあり得ないことだ。彼はに油注がれた方なのだから。」6節


 ダビデの神さまへの完全な信頼と、神さまに油注がれた王であるサウルに地にひれ伏し礼をするダビデの謙虚さに心打たれます。

 そして、ダビデはサウルに、危害を加えることはないことを示したうえで、神さまの裁きを信じると伝えるのです。


「どうかが、さばき人となって私とあなたの間をさばき、私の訴えを取り上げて擁護し、正しいさばきであなたの手から私を救ってくださいますように。」15節


 嫌な思いをさせられた時、その人をダビデのようにゆるす心をもつことができ、自分の手で解決しようとするのではなく、神さまに信頼してその導きに従うことが大切なのだと学びます。神さまは私たちの最善を知っており、その計画は私たちの考えをはるかに超えているのです。


「あなたは復讐してはならない。あなたの民の人々に恨みを抱いてはならない。あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。わたしはである。」(レビ記 19:18)


祈り

愛する天のお父さま、私たちが困難な状況に直面したとき、ダビデのように敵をゆるし、あなたに信頼する心を持てるよう助けてください。あなたの導きに従い、あなたの計画を信じることができますように。そして謙虚な心で歩むことができますように。イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page