top of page
  • hccnichigo

2024年6月2日 サムエル記第一18章

 ダビデの活躍はすごいものであった。さすがのサウルもダビデを召しかかえ、父の家に帰らせなかった。そして、ヨナタンも自分自身のようにダビデを愛して、ダビデと契約を結んだ。この契約とは友情、信頼感を意味すると言われています。さらに自分の着ていた上着を脱いでダビデに与えのである。これは自分の次の王位の権利をダビデに与えたことになると言われています。これほどまでの友情は、やはり神の霊が二人をしっかりと結び付けたと思いました。


 ダビデは、サウルが遣わすところどこへでも出て行って勝利を収めた。このことをすべての人々に喜ばれた。だが、勝利の凱旋をしたときに女たちが喜び、歌い踊りながら交わしたことばにサウルが激しく怒り不機嫌になったのである。有名な箇所でだれもが知っているみことばであります。

「サウルは千を討ち、ダビデは万を討った。」7節(抜粋)

 ヨナタンとの大きな違いである。素直にダビデの手柄を喜べないサウルであった。


 サウルのダビデに対する態度で示されたことは、私たちクリスチャンにも言えることだと思いました。自分よりすぐれている人のことを心からヨナタンのように喜ぶことができるだろうかと。イエスの教えにもあるように、「神を愛し、自分を愛し、隣人を自分のように愛しなさい。」と述べています。その信仰をもっていたら、他者のすばらしい賜物を賞賛できるのではないでしょうか。


 ダビデは何度もサウルに殺されそうになるが常にその危機を逃れることができたのは主が彼と共におられたからです。いろんなたくらみでダビデを殺そうとしても、ヨナタンや娘のミカルによって助けられます。神に油をそそがれた者は決して命をおとすことがありません。ヨナタンが勇気をだして父の前にでて談判したのはきっと命がけだったと思います。ヨナタンの言う事は一時的に受理されたが、やはりダビデを殺す計画は続行されたのである。ダビデの逃亡生活の始まりです。


 

 愛する天の父なる神さま。サウルとヨナタン、そしてダビデを通して示されたことは、自分もサウルのような気持ちになることがあります。サウルは神から見放されてしまいましたが、私たちはイエスさまの十字架によって神から見放されることは決してないことに感謝の気持ちでいっぱいです。その恵みをイエスさまをまだ知らない人々に伝えることができますように用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page