top of page
  • hccnichigo

2024年5月8日 ルカの福音書17章

 特に5,6節の御言葉に注目したいと思います。

「使徒たちは主に言った。『私たちの信仰を増し加えてください。』 すると主は言われた。『もしあなたがたに、からし種ほどの信仰があれば、この桑の木に『根本から抜かれて、海の中に植われ』と言うなら、あなたがに従います。』」


 信仰を増し加えて欲しい、もっと強い信仰を持ちたい、という願いは多くの人が持っているようです。

 信じているはずなのに、信じているのだったら…、信仰における躓きは、信じたり信じられなくなったりする自分自身への躓きでもあります。また信じても、その通りにならなかったときには神に躓くこともあります。

 自分に躓き、神に躓き、そして躓ている自分自身に躓きます。信仰を増し加えて欲しいという願いは、そんな私たちの切実な願いでもあるでしょう。


 しかしイエスは、ここで「からし種ほどの信仰」と言われました。からし種とは、本当にけし粒のように小さな種です。イエスがここで言われていることは、信仰とは、30%、60%、100%というように、増えたり減ったりするものではないということです。信仰とは、有るか無いか、ゼロか100かです。 

 そして ”信仰が有る” と言えるとするなら、 

 ”私の信仰”(私の努力、修養で獲得し、保つ)ではなく、

 ”神の信仰”(神の真実に根拠があり、神の恵みによって保たれる)に生きることです。

 しがみ着くのではなく、神に掴まれるのが信仰です。その時に、桑の木が海に植えられるというような、通常ではあり得ない事が起こるということです。


 信仰が増し加わることを願うのではなく、今与えられているからし種ほどの信仰に安心することです。

 

 天の父なる神さま

 私たちが与えられているからし種ほどの信仰を、しっかりと受けとめていけますように。信仰を強くしようとする考えから解放してください。今ある信仰に安心できますように。聖霊の励ましを豊かにお与えください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

文:関真士


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Commentaires


bottom of page