top of page
  • hccnichigo

2024年5月5日 ルカの福音書14章

『お返し』


 14章は神への招きと、神に従う覚悟が述べられている。私が14章で特に心にふれられたところは、12節から14節の「お返し」について述べられているところである。


 「お返し」という作法は昔も今も変わらなく重要視されています。特に日本ではそうである。高価なものを頂いたからそれ相応なものをお返ししなければいけないとか、又は、以前とてもお世話になった人に対していつかは「お返し」しなければならないということ等々が世の常の習わしである。私自身「お返し」ということに大失敗したことがある。その失敗を通して、他者への「お返し」という見方から、主をあがめることができるような「お返し」に目が開かされたのである。大きな恵みで、まさに目から鱗がぼろりと落ちた気持ちで心が熱くなる思いがしたのを忘れません。主に感謝でした。


 余談になりましたが、12節から14節で、イエスさまが私たちに知ってほしいことに目がとめられました。


 イエスはまた、ご自分を招いてくれた人にも、こう話された。


「昼食や晩餐をふるまうのなら、友人、兄弟、親族、近所の金持ちなどを呼んではいけません。彼らがあなたを招いて、お返しをすることがないようにするためです。」-12節-


「食事のふるまいをするときには、貧しい人たち、からだの不自由な人たち、目の見えない人たちを招きなさい。」-13節-


「その人たちはお返しができないので、あなたは幸いです。あなたは、義人の復活のときに、お返しを受けるのです。」-14節-


 そこの箇所を読んでいて、ホームレスへの炊き出しの光景が蘇ってくるようだった。お返しなしの無償の愛の働きです。彼らはお返しなどできません。でも、イエスさまは述べられています。彼らからお返しはなくても、主の復活のときはお返しを受けるというのです。これが無償の愛の報酬、つまり大きなお返しを受けることになるのではないでしょうか。


 

 愛する天の父なる神さま。今日の御言葉を心から感謝します。招かれたら末席に座り、自分を常に低くし、自分の持ち物を主にお返しし、心の欲をすべて主にあけわたして、自分の十字架を負って主に従っていけますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

 


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page