top of page
  • hccnichigo

2024年5月27日 サムエル記第一12章

『主の御心を行う』


 サムエルは主の命令を受けてサウルをイスラエルの王としましたが、全イスラエルを前に語った内容は王政に対する批判でした。主による支配を拒んで、人間の王を求めた民にサムエルは、主の正義によるみわざについて、歴史を通して解き明かし、他の国々のように王などいなくとも、主はイスラエルを周囲の敵から救い出し、平安を与えてくださっていたことを思い出させました。


 サウルを王に選んだのは主ご自身でしたが、それは、許容的御心、であったと言います。許容的御心とは、主の御心ではないけれど、執拗に求めた結果、神が願いを聞いてくださることです。そのことを思う時、自分もまた、御心ではないことを願い、自分で神を動かそうとしたことがあったと反省させられました。神は寛容なお方ですから、無理な願いも聞いてくださいます。しかしそれらもまた罪であるということに気づかされました。


 御心を行いたいと願うことは大切なことだと思います。しかしそれが果たして御心なのかどうなのかについて知る術を知っておくことはもっと大切だと思います。神は御心のままに、私たちのうちに志を立てさせ、事を行わせてくださる、と言います(ピリピ2:13)。御心に沿った正しい判断をするには、聖書による神の語りかけや、祈りの中で与えられる平安を確認し、そして自分の置かれている環境や状況を考慮、さらに信仰の友の助言などを参考に、吟味することが必要だと言います。


 御心に沿った正しい選択は、良い実を結びます。しかしそれが許容的御心によるものであったなら、たとえ実を付けたとしても、いつかは枯れてしまうのだろうと思います。主は許容的御心によってサウルを選ばれましたが、彼は主に忠実な王ではありませんでした。王にはなれたものの、常に疑心暗鬼に苛まれた一生でありました。


 主のしもべとして働こうとする時、特にリーダー的な働きを示された時、それが果たして御心なのか、個人的な願望なのか、または他者の願望を満たすためなのか、示された本人はもとより、それを選ぶ側も、よくよく吟味する必要性を感じました。


 神は侮られるお方ではありません。サムエルが、王政へと移行していくイスラエルの将来を思って語ったことばは、自分に語られたことばとして、教訓にしたいと思いました。


「主に従う道から外れず、心を尽くして主に仕えなさい。」

「役にも立たず、救い出すこともできない、空しいものを追う道へ外れてはならない」

「主は、ご自分の大いなる御名のために、ご自分の民を捨て去りはしない」

「ただ主を恐れ、心を尽くして、誠実に主に仕えなさい」

「主がどれほど大いなることをあなたがたになさったかを、よく見なさい」

「あなたがたが悪を重ねるなら、あなたがたも、あなたがたの王も滅ぼし尽くされる」(20‐25抜粋)

 


祈り:愛する天のお父さま。許容的御心に甘んじていた私の信仰でさえ、あなたはなくならないようにと祈っていてくださいました。ありがとうございます。心から感謝します。聖書を通し、祈りを通し、また与えられている環境を考慮し、さらに信仰の友の助言をいただいて、正しい判断、主の御心を行う者とされますように。イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

文:アイゾン直子


参照:Clay「第一サムエル記」中川健一、YouTube「御心を求める方法」松本章宏


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page