top of page
  • hccnichigo

2024年5月26日 サムエル記第一11章

『サウルの王としての活動の始まり』


 イスラエルがアンモン人に打ち勝った時にサウルが民に見せた行動に心が動かせられた。イスラエルがアンモン人を打ち破ると、民はサウルに言いました。「『サウルがわれわれを治めるのか』と言ったのはだれでしたか。その者たちを引き渡してください。彼らを殺します。」この者たちとは、10:27でサウルを軽蔑した人たちです。その時サウルは黙っていたのである。黙ることも神の時だったのではないでしょうか。


 だがサウルは民に「今日はだれも殺されてはならない。今日、主がイスラエルにおいて勝利をもたらしてくださったのだから。」13節 と言ったのである。サウルの民への寛容さは、まさに王の態度ではないでしょうか。これらのことは、すべて神の知恵からきたものです。この戦いの勝利が自分の手柄ではないことをサウル自身がよく知っていたと思います。主に栄光を帰すとはこういうことでしょうね。神への、サウルの謙遜な心が伝わってくるようです。このままずっとその順調な王の歩みをしてほしいと思うところですが、初心を忘れてしまったばかりに後に致命的な失敗を犯してしまうのである。

 

 そして、ギルガルに行ったサウルは、そこで民により再びサウルを王としたのである。彼らはそこで、主の前に交わりのいけにえをささげて、サウルが王になったことをサウルとイスラエルのすべての者は、そこで大いに喜んだのである。


 7節(抜粋)「サウルとサムエルに従って出て来ない者の牛は、このようにされる。」のところに目がとまった。サウルはどうしてそこでサムエルの名前を用いたのでしょうか。ある解説者によると、王に任ぜられたばかりのサウルより、預言者サムエルの名前がイスラエル全体に知られていたからではと述べられています。賢い選択だと思いました。 


 神への謙遜な心、人への寛容な心、軽蔑されても忍耐をもつ心、これらのことはすべて神の霊がサウルの上に下り、知恵と力を与えてくださったから戦いに勝利できたのではないでしょうか。

 

「しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。」使徒の働き1:8(抜粋)


 愛する天の父なる神さま。サウルが勝てるはずのない戦いに勝利できたのは、彼に神の霊が下ったからできたことを学ばされました。私たちも、内住される聖霊に満たされた毎日を過ごすことができますように導いてください。そして、神への謙遜な心、寛容な心、忍耐をもつ心などを他者にももつことができますように助けてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page