top of page
  • hccnichigo

2024年5月1日 ルカの福音書10章

 この10章は、実に内容豊かな箇所ですが、「良きサマリヤ人」の譬え話に注目したいと思います。

 この譬え話は、律法の専門家からイエスに対する一つの質問から始まっています。その質問とは「先生、何をしたら、永遠のいのちを受け継ぐことができるでしょうか。」(25)です。

 

 この質問に対してイエスは、逆質問をします。「律法には何と書いてありますか。あなたは、どう読んでいますか。」(26) このイエスからの質問に対して、彼は律法の専門家ですから、イエスに対して正解を答えます。

 そして律法学者は、自信満々に「では、わたしの隣人とは誰ですか。」(29)とイエスに質問します。それに対する答えが「良きサマリヤ人の譬え話」です。


 ここに律法学者の盲点がありました。彼にとっての隣人は同胞のユダヤ人なのです。彼にとってサマリヤ人は隣人ではないのです。つまり愛する対象からは除外しているのです。

 しかし、律法の言う「隣人」とは、サマリヤ人も含んでいることをイエスはこの譬え話を通して示したのです。

 しかも、ユダヤ人である律法学者に対して「あなたがサマリヤ人を隣人として愛しなさい。」という事ではなくて、忌み嫌っているサマリヤ人の方が、あなたを隣人として愛してたのだということなのです。律法学者の「ぎゃふん!」という声が聞こえてくるようです。

 

 私たちが隣人を愛するというとき、実は自分の方が、その隣人から愛されているということを知ることです。そうでなければ、どこか上目線から「愛してあげよう」という態度が見え隠れするものです。

 愛そうと思ったけれども、実は愛されたのは自分だった。癒してあげよう、助けてあげようと思ったけれども、実は癒され、助けられたのは自分の方だった、という事がよくあります。


 隣人を愛することは、「隣人になる」ことから始まります。隣人とは、字のごとく「隣」にいる人です。上でも下でもありません。 この譬え話を通して、本当の意味で「隣人になる」ということがどのような事なのか深く考えさせられます。

 

 天の父なる神さま

 私たちが「隣人になる」という事はどのような事なのか、もっと深く知ることができますように。自分を愛するように隣人を愛するということの意味をもっと深く教えてください。そして、その愛に生きることが出来る私たちとしてください。

主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

文:関真士


閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page