top of page
  • hccnichigo

2024年4月3日 士師記7章

「あなたと一緒にいる兵は多すぎるので、わたしは、ミデアン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが『自分の手で自分を救った』と言って、わたしに向かって誇るといけないからだ。」(2)


 これから敵と戦うという時に、神はあえて兵を減らすようにギデオンに命じました。3万2千人いた兵士のほとんどが去って1万人しかいなくなりました。

 それでも神は「兵は、まだ多すぎる。」(4)と言われて、なんと300人まで兵を減らしたのです。戦いを前にして兵を増やすなら分かりますが、逆に減らすのです。しかも300人まで減らすのです。


 その理由は明らかです。彼らが高慢にならないためです。神の恵みを忘れ、自分の力で勝ったと思わないためです。もしこんな少人数で勝利することが出来たら、これはまさに神業だと、敵も味方も誰もが神の栄光を見るためです。


 神は、私たちが高慢にならないために、恵みを忘れないために、神に栄光を帰するために、あえて減らすということがあります。

 私たちは、減らされることで真の謙遜を身に着けるのです。神の力と勝利を得て、さらにその力と勝利を経験し続けるためには、一に謙遜、二に謙遜、三四がなくて五に謙遜です。とにかく謙遜であることです。


 謙遜とは、神の恵みに生きることです。卑下することでも、遠慮することでもありません。しかしながら、謙遜であることは何と難しいことでしょうか。私たちは容易に、「自分の手」を誇るようになります。真の謙遜を身に着けたいと心から願います。そのためには、高慢な自分の姿を認め、主の十字架のもとへと進み行くことができますように。


 天の父なる神さま

 どうか、私が真の謙遜を身に着けることができますように。高慢は、すべての祝福を台無しにしてしまいます。私が恵みに生き続けることが出来ますように。自分の高慢さを隠すことなく、主の御前に正直な自分でありますように、聖霊が励まし、導いてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン                                           文:関真士



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page