top of page
  • hccnichigo

2024年4月28日 ルカの福音書7章

 7章では、百人隊長が一人の死にかけているしもべのためにとったイエスへの行動と、罪深い女のとったイエスへの行動が心にとまった。


 百人隊長の6〜7節のイエスに言った言葉。


「主よ、わざわざ、ご足労くださるには及びません。あなた様を、私のような者の家の屋根の下にお入れする資格はありませんので。」6節(抜粋)


「ですから、私自身があなた様のもとに伺うのも、ふさわしいとは思いませんでした。ただ、おことばを下さい。そうして私のしもべを癒してください。」7節(抜粋)


 何と謙遜さがただよう発言でしょうか。また、しもべを癒してほしいという強い思いの発言は、愛ではないでしょうか。信仰とは、この百人隊長のように謙遜で他者への思いやりであるのです。


 もう一つ心に留まったのが、イエスがパリサイ人の家で食卓に着いておられた時に、罪深い女がとったイエスへの行動である。それは、イエスの足もとに近寄り、泣きながらイエスの足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐって、イエスの足に口づけして、香油を塗ったのである。罪深い女とレッテルをはられた彼女は、恥じることも恐れずにただひたすら罪の赦しのためにとった勇気あるイエスへの行動だったと思います。彼女の泣きながらとったイエスへの行動は、赦しと愛に変えられていったのです。とても心に伝わってきました。これが罪を告白する者の姿ではないだろうかと思うところである。そして、イエスはシモンに言われた。


「ですから、わたしはあなたに言います。この人は多くの罪を赦されています。彼女は多く愛したのですから。赦されることの少ない者は、愛することも少ないのです。」47節



 愛する天の父なる神さま。謙遜になり又、他者を思うことほどむつかしいものはありません。私にとっての永遠の課題であります。謙遜になり他者を思う心を常に持ち続けることができますように、聖霊で満たしてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page