top of page
  • hccnichigo

2024年4月17日 士師記21章

 気が滅入るような事件が続きます。ベニヤミン族を絶やさないための策は、モラルなどまったくない目を覆いたくなるような内容です。

 確かに、イスラエル民族にとって12部族があるということは、民族的に重要だったのです。しかし、ベニヤミン属を絶やさないために取った方法は、とんでもないことです。


 士師記に繰り返されている文言が、士師記の最後のことばでもあります。

「そのころ、イスラエルには王がなく、それぞれが自分の目に良いと見えることを行っていた。」(25) 

 これがすべてです。王がその国を治めている時には、そこには規定があり、社会には秩序が生まれます。もちろん王が悪い王であったら、大変なことになってしまうわけですが…。

 

 ここで学んだことは、自分たちは、正しく治められる必要があるということです。「自分の目に良いと見えること」という事になれば、それぞれの良い事の定義、物差しが違いますから、そこには無秩序と混乱が生じてしまいます。

 そして、今の時代がまさにこの士師記の状態であると思います。すべてを相対化し、自分の目がすべてを判断していくという状態です。


 神に治められることがない人間の姿が、士師記に描かれています。そして、この民の姿から、今の私たちにとっても、もし神に治められることを忘れたら、自分もこのような誤った判断、選択、行動をしてしまうのだということを学びます。


 天の父なる神さま

 どうか、私たちが神に治められる者たちでありますように。与えられた自由をはき違えることなく、神に治められることによって得る真の自由に生きることができますように。

 どうか、聖霊が私たちを導いてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン                                           文:関真士


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page