top of page
  • hccnichigo

2024年3月6日 ヨシュア記19章

 この19章において、「彼らは地の割り当てを終えた。」(51)のです。12部族に対する相続地の割り当てが終わったとき、ヨシュアに特別に相続地が与えられたことも記されています(49)。


 それにしても、あくまでもこの地は、彼らにとって「相続地」なのです。カナンの土地は、神がアブラハムに「あなたの子孫にこの地を与える。」(創世記12章7節)と約束された土地なのです。だから父祖アブラハムからの相続地なのです。

 

 ガラテヤ書3章から4章にかけて、私たちは、アブラハムの祝福の相続人であることが記されています。

「あなたがたは、キリストのものであれば、アブラハムの子孫であり、約束の相続人なのです。」(ガラテヤ3:29)

「ですから、あなたはもはや奴隷ではなく、子供です。子であれば、神による相続人っです。」(ガラテヤ4:7)


 私たちは、カナンの地(パレスチナ地方)を相続地として与えられているわけではありません。私たちの相続とは、アブラハムの祝福です。それは、神の子どもとされること、つまり「救い」です。

 またエペソ1章3節には「神は、キリストにあって、天上にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました。」と記されています。

 私たちは、イエス・キリストへの信仰によって相続地、つまり天上の霊的祝福を得ているのです。私たちは神の子どもですから、子供は父の財産を相続する者なのです。

 それにしても、天上の霊的祝福とはいかなるものなのでしょうか。信仰のロマンがかきたてられます。

 

 天の父なる神さま

 私たちは、イエスさまを通して神の子とされ、天の父の相続人とされたことを感謝します。ああ! 主よ、それにしても天上のすべての霊的祝福とは、いかなるものなのでしょうか。胸が踊ります。どうか、この祝福を受け継いでいる者として、祝福に満たされ、祝福を分け与える者として、私たちを用いてください

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

文:関真士


閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comentários


bottom of page