top of page
  • hccnichigo

2024年3月30日 士師記3章

 主は、イスラエルの民を試みるために、異邦の民を残しておかれた。主の目的は、イスラエルの次世代の者、特にまだ戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせるためであった。


 イスラエルの民は先住民族を追い払わなかったために、彼らと結婚し、主の目に悪であることを行い、彼らの神、主を忘れて、異教の神に仕えたのである。ヨシュア記24:24「私たちの神、主に仕え、主の御声に聞き従います。」と民がヨシュアに誓ったことを忘れてしまったのである。

 

 そして、いよいよさばきつかさ、救助者の登場である。3人の救助者の働きが記されている。その3人の救助者とは、カレブの同族ケナズの子オテニエル、ベニヤミン族ゲラの子エフデ、アナトの子シャムガルである。


 イスラエルの民が主を忘れて悪をおこなった時は、彼らを苦しみの中においやられるが、しかし、彼らが主に叫ぶと救助者を遣わされるのである。彼らの叫びは自分達の罪の赦しの声で、主はそのことを待っておられたのです。主は、彼らに真の神がだれであるかを学ばせるための主のご計画だったのである。


 関牧師がメッセージで語られた、「十字架のイエスさまも天の父なる神に「どうして」と叫ばれたように、私たちも主に叫んでいいんです。」と語られたことが、内容的には違うかもしれないが、このイスラエルの民が主に叫ぶ光景と重なってくる思いがした。


  

 愛する天の父なる神さま。何度も罪をおかす度にイスラエルの民の叫びを聞かれ、助け人を遣わして赦してくださるあなたの深い愛に触れることができて感謝します。私たちも、主に叫び、主に委ねていけるような信仰生活をおくることができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page