top of page
  • hccnichigo

2024年3月3日 ヨシュア記16章

 16章も15章から続いてイスラエルのそれぞれの部族への相続地の分割が始まりました。


 16章では、ヨセフ族、マナセとエフライムは自分たちの相続地を受け継いだのである。ヨセフ族は、主の特別な顧みゆえに、他の部族の二倍の相続地を与えられました。

 

 ここで創世記のなかで登場するヨセフのことを思い巡らしてみると、彼はじつに波乱万丈な生涯を送ったのである。彼は、実の兄たちの企みによりエジプトに売られ奴隷としての人生を送らせられたり、他者のために囚人にさせられたりの人生だったのである。でも、そのなかでも彼は、神に対して常に真実であり続けたのです。いろんな誘惑にも陥らなかったのである。自分を欺いた人々を赦したのである。ヨセフのこの愛と赦しを、主なる神はずっと心にとめておかれたのでしょう。後に彼はエジプトの総理大臣にまでなったのである。そして、自分をエジプトに売り飛ばした兄たちを赦し、救いだしたのである。


 ヨセフの愛と赦しは、主が特別に顧みられて、こうして他の部族の二倍の相続地が与えられたのである。その恵みは、主なる神の約束通り子々孫々にまで受け継がれていくのです。私たちもそうなりたいものです。  


 ヨセフ族に対して、エフライム族の問題は、ゲゼルに住むカナン人を追い払わなかったことでした。なぜなら、カナン人を奴隷とすることで彼らを征服していると思ったのです。それで主に従っていると思ったのだと解釈されています。しかし、主なる神は、決して妥協しないで、完全に聖絶しなさいと言われているのです。どのようなことがあっても、主の御言葉に従っていくことが恵みに与らせていただけることである。



 愛する天の父なる神さま。今日の御言葉を心から感謝します。

ヨセフの愛と赦しは、キリストの十字架そのものです。このレントの期間に与えられた私自身への課題でもあります。他者のために愛と赦しをもって祈り支えてあげることができますように助けてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。


閲覧数:51回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page