top of page
  • hccnichigo

2024年3月21日 マルコの福音書10章

「人の子も、仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人のための贖いの代価として、自分のいのちを与えるために来たのです。」45節


 10章は、9章から続いている主の受難の意義の学びが書かれている。

大切な御言葉がいろいろと書かれているけれど、目に留まったのが45節の御言葉で、仕えられるためではなく仕えるための生き方である。


 仕えるとは、辞書によると、目上の人のそばにいて、その人のために奉仕することである。教会では、礼拝であり、奉仕であるということになります。しかし、イエスさまは仕えるということは、自分の命を献げることであると言われています。自分の命を捧げるとは、自分中心さを捨てて、相手を受け入れ、生かしていく愛の生き方であります。これがキリストの愛に生かされて、人に仕える生き方であると言われています。


 私たちを仕える者へと新たに生まれ変わらせてくださるのは、私たちにも仕えて苦しみ、十字架でその命を献げられたイエス・キリストだけです。仕える場が教会であっても、それぞれの日常の場であっても、イエスさまのように仕えるとき、仕える生き方への道をあゆんでいることになるのです。


 人に仕えるということはそう簡単なことではない。特に病気の人に仕えるということは大変な忍耐と愛を必要とするものだと思う。その時にこそ、イエスさまが私たちに仕えられたこと、無償の愛の十字架の贖いを思いだしていくことが大きな支えになるのではないだろうか。



 愛する天の父なる神さま。仕える生きかたを学ばせてくださって感謝しています。常に謙遜になり、他者のために仕える生き方をあゆむことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comentários


bottom of page