top of page
  • hccnichigo

2024年2月4日 マタイの福音書16章

 16章では、パリサイ人とサドカイ人がイエスを試そうとして、天からのしるしを要求した。解説者によると、このしるしとは、エリヤが天から火を呼んだような、圧倒的なしるしだと言われている。その応答に、イエスが16章4節で言われたことに心が触れられた。


「悪い、姦淫の時代はしるしを求めます。しかし、ヨナのしるしのほかには、しるしはあたえられません。」16:4


 「ヨナのしるし」とは、ヨナが三日三晩大魚の腹の中にいたように、人の子も三日三晩葬られ、三日目に復活されることを意味している。だが、彼らは全く理解できなかったのである。だが、もし彼らに、見ようとする心さえあったなら、イエスの人格とことばの背後に神の真実な救いのご計画を見ることができたはずだと言われている。


 「ヨナのしるし」とは、そのイエスの人格とことば自体が、神からの最高の「しるし」であるという意味である。しるしに目を奪われ、本質を見ない生き方には注意するべきことであるということである。しるしばかりを追い求めていると、大事な本質を見る目が閉ざされてしまうのである。それは、十二人の弟子たちへの教えであると同時に私たちへの教訓にもつながっていくことである。


 「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに従ってきなさい。」16:24(抜粋)

 「自分のいのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者はそれを見出すのです。」16:25


 

 愛する天の父なる神さま。毎週礼拝にでて、聖書を繰り返し読んでも、あなたのみこころを見ることができないときがあります。聞くことができないときがあります。そのような時には、どうぞ示してください。語ってください。しるしに目をうばわれずに、あなたの御心に触れることができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月23日 ヨハネの福音書14章

『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです』 この14章には、HCCの前年の年間聖句に繋がるみことば15節「もしわたしを愛しているなら、あなたがたはわたしの戒めを守るはずです」とありますが、心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くし(自分の全てをかけて)主を愛する理由は、主がこの世の道理ではなく、やがて私たちが向かうことになる、天に通じる唯一の道その者であり、この世を創造された源、全ての根源である真

2024年7月22日 ヨハネの福音書13章

『わたしが愛したように..』 ある教会で生まれて初めて洗足式を体験した。たくさんの洗面器が用意されていて自分は椅子に座っている妻の足を洗い、交代してから妻が自分の足を洗った。今までじっくり見たことのない妻の足を拭きながら、きっと主イエスは弟子達の足を拭きながら話しかけていたのではないかなぁと想像した。一人一人に声をかけて、一緒に旅をしてきた時の思い出などを話されていたのだろうと思う。 ペテロは、恐

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

Comments


bottom of page