top of page
  • hccnichigo

2024年2月25日 ヨシュア記9章

 9章は、先住民(ヒッタイト人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人)の王たちはイスラエル人の侵入を恐れて、みなが一つになってイスラエル人と戦おうとしたが、ギブオンの住民たちは別の対策を計画した。


 ギブオン人(ヒビ人のグループの一つである。)の策略は、古びた袋、古びた着物、ふるびた履物、そして、古くなったパンを見せて、遠い国から来た証拠として差し出すのであった。それらを見たら、さすがのヨシュアや族長たちも信じない訳にはいかなかったに違いない。そして、ヨシュアは彼らと盟約を結んだのである。


 主はモーセを通してヒビ人の民と契約を結んではならない(申命記7:1〜6)と命じられたのにどうしてヨシュアは彼らと契約をむすんだのでしょう。それは、14節で語られている「主の指示を求めなかった。」からです。ヨシュアは、7章でアイとの最初の戦いの時に敗北した時も、主の指示を求めなかったのである。自分たちの判断こそもろく、弱いものはありません。今の私たちに言える教訓ではないでしょうか。


 ヨシュアが彼らの嘘に気づいて下した最終的な決着は、欺きの罪のゆえに彼らはイスラエル人の奴隷となることを宣言したのである。ギブオン人たちも、命が守られたら何でもすることを述べたのである。彼らを殺さなかったのは、「主にかけて彼らに誓った。」19節(抜粋)というところに目がとまった。ヨシュアもそこは立派だと思った、どんなに小さなことでも主に誓うということはうそ、偽りのないものでなければならないのである。

 「また、昔の人々に対して、『偽ってはならない。あなたが誓ったことを主に果たせ』と言われていたのを、あなたがたは聞いています。」

マタイ5:33



 愛する天の父なる神さま。ヨシュアの失敗から学ばせて頂けたことを感謝します。どんな小さなことでもいつもあなたの指示を求めていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

Comments


bottom of page