top of page
  • hccnichigo

2024年2月15日 マタイの福音書27章

 マタイの福音書27章では、受難週の金曜日のでき事が記されている。イエスが十字架に架けられる時に数人の人々がどのような態度をとったかが述べられている。それらの人々とは、ユダ、ピラト、群衆、兵士たち、百人隊長、そして、アリマタヤ出身のヨセフ達である。


 なかでも、いつも心に思わされるのはイエスを裏切ったユダである。ユダはイエスさまを売り渡したことを後悔する。ユダは4節で、「私は無実の人の血を売って罪を犯した。」と祭司長たちと長老たちに言った。言う相手が間違っていたのである。この時に、主なる神に悔い改めていたら、無惨な死に方をしなくて、他の道が示されていたのではないかと思わせられるのである。この箇所を読むたびにとても残念に思える。


 ユダの心は完全に悪魔に支配されていたのである。イエスさまは、ユダに洗足の時、最後の晩餐の時などで悔い改めの機会をくださっておられたのに、それを無駄にしたのだ。もはや、この時、悔い改める心を、神さまから恵んでもらえない状態に達していたのかもしれない。心を変えていただく余地がなくなってしまっていたのだろう。


 もう一人、イエスさまを裏切ったのはペテロである。この二人の裏切りの違いは、ペテロは激しく泣いて悔い改めた。だがユダは、神に心を向けることも、イエスさまに心を向けることもなかったのである。ただ後悔で終わってしまったのである。ユダが失ったものは、キリストという何にも代えられない尊い宝、そして自分のいのちである。



 愛する天の父よ。御名を心からほめたたえます。今日のみことばを感謝します。私たちの心の中にも悪魔がはいったらユダのようになります。そうならないためにもつねに、イエスさまの十字架の愛にすがっていくことができますように導いてください。そして罪を犯した時は、死を選ぶのではなくて、悔い改めて、明るい光のほうへすすむことができますように導いてください。このレントの期間に、自分にとって十字架とは何を意味しているのかということと向き合っていきたいと思います。この十字架の無償の愛の福音を語れるものとして用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。



閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page