top of page
  • hccnichigo

2024年2月1日 マタイの福音書13章

『天の御国』


 13章は、天の御国がどのようなものかを七つのたとえ話で教えている。


 その七つのたとえ話とは、

種を蒔く人、毒麦、からし種、パン種、隠された宝、良い真珠を探している商人、魚を得るための網、などである。どれも一つ一つがたいへん奥深いたとえ話である。


 私が特に示されたところは、やはり、「四つの種」と言われている種蒔きのたとえ話である。実際は四種類の土地の違いを述べているそうである。土地は人の心のたとえで、みことばの種が成長するか居ないかは、その人の心の状態次第であることが示されていると言われている。


 誰もがその「四つの種」の中の一つに相当するものではないだろうか。特に私は、岩地に蒔かれてしまう傾向がある。つまり、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れて感情的に突っ走るが、困難や迫害が起こると、「こんなはずじゃなかった」とすぐにつまずいてしまうのである。


 又、茨の中に蒔かれてしまうのもありうることである。みことばを聞くが、この世の思い煩いと富の誘惑に左右されてみことばをふさいでしまうのである。神のみことばを優先するはずが、現実におこっていることを優先してしまうのである。だがそのような時でも私たちはマタイ6:33のみことばを信じていくことではないだろうか。


「まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。」マタイ6:33


 四つめの種、良い地に蒔かれたものになるためには、神のみことばをしっかりと聞いてそれをそのまま素直に受け入れていくことである。そして多くの実を結ぶことができるまで忍耐して信じていくことである。



 愛する天の父よ。私は、まだまだ良い地に蒔かれたものになるには程遠いです。でも、イエスさまの十字架の愛で支えられて、忍耐して、信じて良い地に蒔かれたものに変えられていくことができますように導いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン



閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page