top of page
  • hccnichigo

2024年1月31日 マタイの福音書12章

 この12章にも珠玉の教えが満ちている。全部を取り扱うところだが、そういうわけにもいかない。そこで特に20節の御言葉に注目したい。

「傷んだ葦を折ることもなく、くすぶる灯芯を消すこともない。」

 これはイザヤ書42章1節から4節のメシヤ預言の成就として記されている。メシヤ=救い主は、このようなお方だということだ。


 哲学者パスカルは「人間は、考える葦である。」と言った。「葦」とは、水辺に群生している植物だ。それを編んで器にしたり、生活に利用することも出来るのだが、しかし、とても弱く、それほど価値がない物としてみなされている。パスカルは生来虚弱であったそうだ。自分は葦のように弱い存在だ、しかし人間の価値とは「思考すること」にあると説いたのである。

 

 しかも、その弱い「葦」が傷んでしまったら、なおさら何の役にもたたなくなる。ろうそくの灯芯がくすぶると黒い煙が出て有害ですらある。

 そんな価値がなく、役にたたず、周りに迷惑ばかりかけるような存在…と世間からはみなされ、深く傷んでいる者たちが実際にいる(悲しいことだが)。しかしイエスさまは、そのような存在を折らない、消さない、つまりその存在を否定しないのだ。しかも否定するどころか、もっと積極的に、その存在を尊ぶのだ。むしろその弱さの中に、神の力と栄光を現わしてくださる。これが神の国の価値観なのだ。この御言葉に現わされたイエスさまの心が、近代福祉を形成したのは事実である。

 

 私たちも、このイエスさまの心を、価値観を、一言で言えば「神の愛」を自らの心として歩んでいきたい。


  天の父なる神さま

 あなたは、傷んだ葦を折ることなく、くすぶる灯芯を消さないお方です。私たちの存在の価値は、あなたの中にあります。私たちの弱さの中に、あなたの力と栄光があらわれることを感謝します。

 私たちの弱さも、あなたへの捧げものとして献げます。どうぞ神の栄光のために用いてください。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン        

                                文:関真士


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月21日 ヨハネの福音書12章

「まことに、まことに、あなたがたに言います。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままです。しかし、死ぬなら、豊かな実を結びます。」12:24 この聖句は、キリストがご自身の十字架の死を一粒の麦の死にたとえて語られたところであります。キリストの死は、世界の多くの人々に永遠の生命を得させる豊かな実りをもたらすためでした。自分が死ぬことによって、人を生かすことこそ、神の栄光が現わされる方法でした。

2024年7月20日 ヨハネの福音書11章

マルタとマリアの兄弟、ラザロが死んで皆で悲しんでいるところに、遅れてイエス様がやってこられた。イエス様が来られたと聞いて、マルタは街の外まで迎えに出た。そして、この死という悲しみ、絶望の中で、イエス様はマルタと個人的に会って下さった。 「主よ。もしここにいてくださったなら、私の兄弟は死ななかったでしょうに。しかし、あなたが神にお求めになることはなんでも、神があなたにお与えになることを、私は今でも知

2024年7月19日 ヨハネの福音書10章

『良い牧者』 「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます。牧者でない雇い人は、羊たちが自分のものではないので、狼が来るのを見ると、置き去りにして逃げてしまいます。それで、狼は羊たちを奪ったり散らしたりします。彼は雇い人で、羊たちのことを心にかけていないからです」(11節から13節)。 この箇所の直前には、「わたしは羊たちの門です。」というたとえ話をイエス様は語られましたが、私

コメント


bottom of page