top of page
  • hccnichigo

2024年1月25日 マタイの福音書6章

 マタイの福音書6章は、5章に続いて「山上の垂訓」で、天の御国の民の生活態度がどうあるべきかを教えている。


 当時のユダヤ人たちの宗教生活の習慣が偽善的なものに陥っていたことを指摘して、天の御国の民はどのようにすべきかをしめされた。


 人に見せるために人前で善行をしないように、施しは他人への愛、祈りは神への願い、断食は自分への罪への悲しみのゆえに行うものであるので、決して人からほめられるためにするものではありません。


 「主の祈り」は単なる祈祷文ではなく、「天の父」への親しい語り掛けである事実に気づくことが重要である、とある解説者は語っている。このことに、自分は、果たして親しい語り掛けで「天の父よ」と語り掛けるように祈っていたのかと気づかされた。かたい祈祷文を祈っている自分であったのだ。目から鱗が落ちるようであった。私たちは、「天の父」に愛されているので、もっと、もっと親しく「天の父よ」と大胆に語り掛けていいのである。天の父よ、感謝します。


 そして、御国の民は地上に宝を蓄えるのはやめなさいと述べられている。地上の宝に心を奪われる生活には、いろんな心配がやってきます。盗人の心配、いつかは朽ちてなくなる心配、人と人との争い等々です。そのようなことが決して起こらない天に宝を蓄えるべきだと教えています。


 空の鳥や野の花、草木は、何も心配していないのに、天の父は養ってくださっています。天の父は、私たちに何が必要かを知っておられます。


「まず神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはすべて、それに加えて与えられます。」マタイ6:33


「ですから、明日のことは明日が心配します。苦労はその日その日に十分あります。」マタイ6:34


愛する天の父なる神さま。今日のみことばを心から感謝します。

 あなたにもっと、もっと親しく祈ることができますように導いてください。私たちは、あなたに愛されているという確信をしっかりと持ち、あなたに信頼していくことができますようにお祈りします。天の御国の民の生活に一歩、一歩近づいていくことができますように助けてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。 


閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comentários


bottom of page