top of page
  • hccnichigo

2024年1月21日 マタイの福音書第2章

 クリスマスになるとメッセージとしてよく語られる聖書の箇所である。

イエスがヘレド王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになったとき、東のほうから博士たちが、イエスを礼拝するために来たことが述べられている。


「博士たちは、かつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来て、その上にとどまった。」9節(抜粋)

「その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。」10節

「それから家に入り、母マリアとともにいる幼子を見、ひれ伏して礼拝した。」11節(抜粋)


神の御子は 今宵しも ベツレヘムに 生まれましぬ 

いざ友よ もろともに 急ぎ行きて 拝まずや 急ぎ行きて 拝まずや


 博士たちは星を頼りにはるばると遠い異国の地から、イエスの誕生を非常に喜び、礼拝しにきたのである。急いで、拝みにきたのである。博士たちの喜びが伝わってくるようである。


 しかし、遠い異国の民がイエスの誕生を喜んで、礼拝しに来たのに、ユダヤの民は、特にヘレド大王は自分より権威のある方を抹殺しようとするのである。現在でもそれは言えることである。自分の権力と利益、地位をまもるためには、相手が誰であろうと抹殺するのが世の常ではないだろうか。


 真の王はあえてナザレという小さな村に住み、民衆の悩みと苦しみを体験なさったのである。この方こそ、「ユダヤ人の王」「全世界の王」「全宇宙の王」と呼ばれるにふさわしい、イエス・キリストである。アーメン。



ハレルヤ!主の御名をほめたたえます。天の父なる神さま、私たちのために御子イエス・キリストを地上におくってくださって心から感謝します。今ある私たちのすべての恵みは、イエス・キリストの十字架のおかげです。このイエス・キリストのことをまだ受け入れることのできない人々のために、又は苦しみ悩んでいる人々のために私たちを用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。


閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page