top of page
  • hccnichigo

2024年1月17日 申命記32章

 いよいよモーセの最後の説教も終わりを迎えようとしている。32章にはモーセの歌が記され、33章には祝福のことばが記されている。


 このモーセの歌の中でも、10節のみことばが心にとまる。

「主は荒野の地で、荒涼として荒れ地で彼を見つけ、これを抱き、世話をし、ご自分の瞳のように守られた。」

 「瞳のように」、神にとってこの民は、どれだけ大切な存在なのかということを表現している。大切だからこそ、この民が神を捨て、悪霊を拝むことに、心が痛み悲しむのだ。

 神の愛には、いつも悲しみが宿っている。愛することは痛み悲しむことだ。愛するからこそ、その愛が受け取られないとき、裏切られるとき痛み悲しむのだ。モーセの歌の15節以降には、その痛み悲しみが歌われている。

 

 そしてモーセは告げる。「これは、あなたにとって空虚なことばではなく、あなたがたのいのちであるからだ。」(47節)

 

 神のことばは、私たちにとっていのちである。まさに天から降るいのちのパンだ。もし空虚に響くことがあるとすれば、それはなぜだろうか。

 人は、自分に関心のないことばは聞き流すということをする。そして、情報が溢れている時代にあって、人はますます聞き流す術を身に着けている。私たちは無意識のうちに、情報を選別して、自分に関心のあることだけを聞くようにしているのだ。

 聖書に記されている神のことばが、私たちに空虚なことばとしてではなく、いのちのことばとして響くのは、私たちがそこに関心を持つからである。

 しかし、自分の関心事だけが、人生にとって大事なことなわけではない。関心のない事でも、実は人生に重大なこともある。


 何よりも、神は私たち一人一人に最大限の関心を持っていてくださる。だから神のことばは、すべての人にとって最も重要な意味を持っているのだ。

 願わくば、もっと神のことばに関心を持ち、いのちのことばを求めていきたい。

 

 天の父なる神さま

 どうか私たちが、神のことばに関心をもち、意味のある、いのちのあることばとして求めることができますように。聖霊によって求める心を与えてください。の助けによって、神の命令に喜びをもって聞き従う者としてください。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン        

                                 文:関真士


閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

2024年4月24日 ルカの福音書3章

バプテスマのヨハネが宣べ伝えたのは「悔い改めのバプテスマ」(3)でした。そのメッセージに応えて多くの人がヨハネのもとへやってきました。しかしヨハネは、ただ神に立ち返ることだけではなく、立ち返った者にふさわしい生き方、すなわち実を結ぶことを求めました(8)。 その時、群衆、取税人、兵士の3者がヨハネに対して「私たちはどうすればよいのでしょうか。」と問います(10、12、14) それに対するヨハネの答

2024年4月23日 ルカの福音書2章

『シメオンとアンナ』 幼きイエスの様子を語っているのはルカの福音書だけかと思っていたが、トマスによるイエスの幼時物語という聖書外典に出会った。これは私達の聖書にも、カソリックの聖書にも含まれていない文献で、泥をこねて12羽のスズメを作り、それを飛ばしたというような記述もあるのです。しかし霊に満たされ、信頼に足りる書簡と初代教会に厳選されたのは、このルカの福音書だけで、ここに幼いイエスの本当の様子を

2024年4月22日 ルカの福音書1章

『マリアの賛歌』 ルカがこの福音書を書き始めた頃、イエスの公生涯を共に生きた人たちの証言をもとに、その事実をまとめようとする働きがあったようです。その試みは困難を伴ったようですが、ルカは綿密に調べることが出来、また順序立てて書き上げることが出来たと書いています。その彼の働きを経済的に支えたのがテオフィロではないかと言われています。そのため、ルカの福音書はまず彼に献上する、という形で始まっています。

Comments


bottom of page