top of page
  • hccnichigo

2024年1月13日 申命記28章

 28章は、神のほとばしる情熱(パッション)の愛を感じる箇所だ。祝福と呪いの道を目の前に置き、祝福の道を選ぶことが出来るようにチャンスを与えてくださっている。

 特に「命じる、命令、聞き従う」ということばが目立つ。

「もし、あなたが、あなたの神、主の御声に確かに聞き従い、私が今日あなたに命じる主のすべての命令を守り行うなら、あなたの神、主は、地のすべての国々の上にあなたを高く上げられる。」(1)

 2節から14節には祝福の報い、15節から68節には呪いの報いが記されている。主の命令に聞き従うかどうかで、祝福か呪いかが決まるのだ。


 この法則は、今でも変わらない。神の命令に聞き従わないなら、そこに良い実は結ばれるはずはない。神を愛し、自分を愛するように隣人を愛するという事が神の命令の本質だ。神を愛さないで、自分を愛さないで、隣人を愛さないで、人間は幸せにはなれないだろう。真理の法則とは、実にシンプルなものだ。

 

 私たちは恵みの時代に生かされている。だからと言って、この法則がなくなったわけではない。しかし神の命令に聞き従うということが、人間の意志の力や努力ではないできないという事実がある。そして私たちは罪を知る。

 罪の自覚→イエス・キリストの十字架の救い→御霊の内住→聞き従うことができるようになる。 私たちは、恵みの時代=聖霊の時代に生かされていることを感謝したい。


 天の父なる神さま

 どうか私たちを、聖霊の助けによって、神の命令に喜びをもって聞き従う者としてください。いよいよ主よ、あなたを愛し、隣人を愛する者としてください。あなたの恵みと聖霊の力に感謝いたします。

 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

文:関 真士

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月21日 サムエル記第一6章

『ベテ・シェメシュの主の箱』 Ark of the Covenant (契約の箱)が出て来る映画、ハリソン・フォード主役の Indiana Jones 「Raiders of the Lost Ark」を思い出した。ナチス軍が契約の箱を発掘して、考古学者であるインディアナ・ジョーンズが奪い返すストーリーです。最後のシーンでナチス軍兵が契約の箱を無理やり開けてしまうのですが、そうすると中から災いの雲

2024年5月20日 サムエル記第一5章

『神の箱』 ペリシテ人たちによって奪われた神の箱はアシュドデ、ガテ、エクロンと言ったペリシテの都市を移動しました。アシュドデで主は、偶像を打ち、それを礼拝していた人たちを腫物で打たれました。ガテでは大恐慌を引き起こし、多くの住民を腫物で打ちました。エクロンでも同じように大恐慌を引き起こし、民を腫物で打ちました。 これら一連の出来事から、イスラエルの神は偶像の神々にまさる偉大なお方であることを学びま

2024年5月19日 サムエル記第一4章

『栄光はイスラエルから去った』 ペリシテ人と戦ったイスラエルは約4千人が戦場で打ち殺された。そして、イスラエルの長老たちは、主がイスラエル人を打たれたことに対して疑問をもって、主の契約の箱を陣営に持ってくれば自分たちを敵の手から救ってくれると思って、そのような運びをしたのである。だが、それは実にむなしいことで、ペリシテ人に勝利するどころかイスラエルの歩兵三万人が倒れたのである。神の箱が奪われ、エリ

Comments


bottom of page