top of page
  • hccnichigo

2023年9月8日 ペテロの手紙第一2章

 ペテロによるこの手紙が書かれている時代は、すでにローマ帝国によるクリスチャンに対する迫害が始まっていました。その迫害は日ごとに厳しさを増している状況です。この手紙からは、迫害下における危機感、緊迫感が感じ取れます。


 今日、特に心にとまった御言葉は、「それは、『つまずきの石、妨げの岩』なのです。彼らがつまずくのは、みことばに従わないからです。」(8節)の箇所です。


 教会では、しばしば「つまずいた」という言葉が聞かれます。信仰につまずいた、人につまずいた、牧師につまずいた…等々。

 なぜ人はつまずくのでしょうか。多くの場合、人は自分の理想が破られるときに「つまずいた」と言います。人に対する理想が肥大化し、アイドル化(偶像化)されるとき、人は必ずつまずきます。相手は、その理想に応えることは出来ないからです。

 

「みことばに従わないからです。」とありました。神のみことば=神の御心=神ご自身から目をそらして人に目を向けるなら、そこにつまずきが起こります。

 私たちが人に目を向けるのは、その人を愛し、祝福するためであって、その人をアイドル化するためではありません。アイドルとしてほめ散らすのは、自分の理想を投影している自己愛です。愛ではありません。

 

 私も、以前のつまずきを振り返ると、それはその人を理想化し過剰に期待していたと思います。また自分自身を理想化し、自分自身につまずく事も多々ありました。今でもたまにあります。

 主のみことばに従う者でありたいと心から願います。


 天の父なる神さま

 私は、これまで人につまずいたことがありました。しかし、それは自分の理想を投影したとても自分中心であり、自分の理想で人を裁いた罪であったと思います。

 どうか、あなたのみことばに従うことによって、つまずかない者となれますように。あなたにも、人にも、つまずくことのない歩みが出来ますように、聖霊がどうぞ助けてください。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

 


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年12月31日 申命記15章

「与えるとき物惜しみをしてはならない。このことのゆえに、あなたの神、主は、あなたのすべての働きと手のわざを祝福してくださるからである。」15:10(一部抜粋) 15章は、七年の終わりごとに負債の免除をしなければならないことについての規定が述べられている。その時に、物惜しみをするなら、その人は罪責を負うと宣言されている。そればかりかすべての祝福も得られることができないのである。 「一人ひとり、いやい

2023年12月30日 申命記14章

この章では、食べ物の規定が書かれており興味深いと思った。申命記はイエス様が、人としてこの世に来て下さる前のことだと、心に留めておかなければならないと思う。 聖書に書かれている食べ物分類は神様からの当時の命令で、これを命じる理由が、自分の愛する子どもたち、イスラエルの民を守るためである。この神様の愛は私たちにも一方的に与えられている。受け取るのは私たちしだい。愛しているから守りたい、という神様の気持

2023年12月29日 申命記13章

預言者や夢見る者が現れ、「さあ、あなたが知らなかったほかの神々に従い、これに仕えよう」と言って私たちを誘惑しようとしますが、あなた方の神、主は、あなたがたが心を尽くし、いのちを尽くして、本当にあなたがたの神、主を愛しているかどうかをしろうとして、あなたがたを試みておられます。(1-3節) 続いて、神は、あなたがたの神、主に従って歩み、主を恐れなければならない。主の命令を守り、御声に聞き従い、主に仕

Comments


bottom of page